青春18切符で日光観光 世界遺産の東照宮編

前回の記事は、青春18切符日光の旅 上野〜JR日光駅・東武日光駅編でした。

東武日光駅の観光案内所でフリーパスを購入し、東武日光駅からバスに乗車して、世界遺産の日光東照宮を目指しました。

スポンサーリンク

東武日光駅からバスで日光東照宮へ

前回の記事でも少し紹介しましたが、1つ前のバスで多くの積み残ししたので、歩いて東照宮へと向かっていきました。

東武日光駅のバス乗り場
▲次に来たバスには乗車できました。ぎゅうぎゅう詰めで「世界遺産めぐりバス」に乗車です。

世界遺産めぐりバス
▲世界遺産めぐりバスの停留所「表参道」で下車しました。東照宮へ行く場合はここが最寄りの停留所でした。ほとんどの人はここで下車しました。

坂を歩いていくと…

日光東照宮の五重塔
▲立派な五重塔。高さは36 m。ここはまだ拝観料は入りません。

東照宮拝観券
▲東照宮拝観券+薬師堂(本地堂・鳴龍)拝観券+奥宮(眠猫)拝観券は合わせて1300円です。一般的な拝観券です。

東照宮拝観券
▲東照宮の入り口の所で1枚切り取られます。

日光東照宮の三猿(見ざる聞かざる言わざる)
▲東照宮に入るとすぐに、有名な日光東照宮の三猿(見ざる聞かざる言わざる)が出迎えてくれます。

陽明門工事中
▲陽明門は2013年7月6日から約6年間の予定で修理工事をしていました。→陽明門の修理工事について

6年間とは大規模…

眠り猫
▲眠り猫は奥宮にあります。先ほどの拝観券が必要です。

日光東照宮の眠り猫
▲名所となっている眠り猫です。ぼーっとしていると見逃してしまいます。

この奥を入っていきますと、徳川家康のお墓があります。

城下門
▲徳川家康のお墓まで行くまでの階段がなんとも大変です。石段の数はなんと207段!登るのに10分〜15分は見込んだ方が良いでしょう。

東照宮のおーいお茶
▲最後あと一息というところに休憩所がありました。10数人が椅子に座って休憩していました。

ここの自動販売機は全て「おーいお茶」。その圧倒的な光景を見てここで一息。

東照宮の奥宮
▲あと数段あがると徳川家康のお墓があります。

眠り猫の裏側

▲眠り猫の裏側には雀がいます。

続いて鳴龍へと向かいます。

日光東照宮の鳴龍
▲こちらが鳴龍の入り口。館内は撮影禁止でしたので、外側からの撮影にとどまります。

中には天井に龍の絵が描かれており、拍子木を叩いた際に、龍の絵の下ではよく響き渡ることから鳴龍と呼ばれています。

実際に聞きましたが確かに全然違う響きでした。湿気があるときの方が響きがいいだとか。

鳴龍まで見学が終わりましたので、バス停(神橋)へと向かいます。

鹿
▲バス停へと向かう途中の森の中には鹿がいました。ちなみにいろは坂の急斜面にも鹿を見かけました。

神橋
▲世界遺産の神橋です。朱色で綺麗です。(日光二荒山神社 - 神橋 –)ライブカメラも用意されています。(→日光二荒山神社 - 神橋 – 神橋ライブカメラ

ちなみに神橋の料金は大人300円、高校生200円、小中学生100円です。歩く事が出来ます。着物を着ている女性が歩いていました。

この後バス停「神橋」へと向かい、バスで「明智平ロープウェイ」へと向かいました。

関連記事

飛騨高山・白川郷編(全3編)はこちらから
青春18切符岐阜飛騨高山〜白川郷の旅1日目 高山本線を北上

金沢・京都編(全7編)はこちらから
【北陸新幹線】東京〜金沢旅行記 近江町市場・ひがし茶屋街編

姫路・宮島・広島市内編(全9編)はこちらから
青春18切符東京〜姫路の旅 姫路城 夜のライトアップが美しかった

大阪編(全5編)はこちらから(旧ブログ)
青春18切符で東京から大阪へ~東海道線を突っ走る旅(1日目)

岡山・香川編(全5編)はこちらから(旧ブログ)
青春18切符で東京から京都~大阪~岡山へ突っ走る東海道線の旅

仙台編(全9編)はこちらから(旧ブログ)
青春18切符仙台の旅1日目(東北本線北上編)

栃木 日光・中禅寺湖・今市エリアのおすすめホテルベスト5

[myphp1 file=’nasimeyablog-simple-hotel-search-smallclass’]

コメント