青春18切符飛騨高山〜白川郷の旅 宮川朝市編

前回の高山本線北上編(青春18切符岐阜飛騨高山〜白川郷の旅1日目 高山本線を北上)に続き、今回は青春18切符飛騨高山〜白川郷の旅 宮川朝市編です。

高山駅から徒歩10分のところにある高山観光スポット「宮川朝市」を訪れてきました。

宿泊したホテル「ホテルアルファーワン高山」からは、徒歩1分という好立地でした。

スポンサーリンク

宮川朝市について

宮川朝市は高山駅から徒歩10分のところにある朝市のことで、

  • 勝浦朝市(千葉県)
  • 輪島朝市(石川県)

と並ぶ日本三大朝市の1つです。

宮川朝市
▲宮川朝市にやってきました。全体の営業時間は朝の6時30分から12時まで(冬期間だと午前8時〜12時まで)です。

ただし、途中で販売物が完売してしまうと終了します。

宮川朝市の野菜。
▲道沿いにてテントが張られていて、野菜などが販売されていました。

朝食はまだ食べていなかったので、ここでは色々と食べ歩き。

飛騨牛まん
▲こちらは飛騨牛まんが販売されていたお店「右衛門横町」。

飛騨牛まん
▲「飛騨牛まん」の烙印が多少潰れちゃっていますがそれも風情。

飛騨牛まん
▲中には、飛騨牛がちょこっと入っていました。甘い!

高山の宮川朝市「泉屋」
▲漬け物やおせんべいのお土産を買った「泉屋」。沢山の種類の試食がありました。

富山林盛堂
▲こちらは富山名物のお菓子が食べられる「富山林盛堂」

おわら玉天
▲おわら玉天100円。メレンゲがなんとも優しい甘さ。

飛騨牛串焼き店舗
▲こちらは飛騨牛串焼きと甘酒が販売されていたお店


▲甘酒。

飛騨牛串焼き
▲甘酒と飛騨牛串焼きのセットで700円。

①甘酒飲んで②串焼き食べて③甘酒を飲むように勧められたので、そのようにしてみると、①よりも③の方が甘く感じました。確かに甘酒と飛騨牛串焼きは合う!

冬の時期は野菜が中々穫れないので、宮川朝市の出店数も少なめだとか。

一番にぎわうのは高山祭がある10月頃だそうです。

結構驚いたのが、観光客の半分は外国人だったことです。

そのため、朝市を出店している方々も英語で”営業”を盛んに行っていました。商売上手だなーと。

高山朝市の場所はこちらです。

さて、高山の朝市には、「宮川朝市」の他にも「陣屋朝市」があります。

高山の陣屋朝市
▲こちらは高山陣屋の前で開催されている朝市です。距離はそれほど遠くない(徒歩10分ほど)ので、そちらにも出向いてみました。

宮川朝市よりは規模は小さめでした。

陣屋朝市の団子屋
▲陣屋朝市の目の前にあった団子屋。

陣屋のみたらし団子
▲ここでみたらし団子1本を注文。1本80円。

まとめ

朝市は初めて行きましたが、食べ歩きしながら宮川朝市を楽しむ事が出来ました。

高山に来たら是非行っておきたい朝の観光スポットです。

朝市のお店の人との会話を楽しむ事も出来ました。

飛騨牛串焼きと甘酒の味が特に印象に残りました。

続いて、白川郷へと向かいました。

関連記事

日光東照宮編(全7編)はこちらから
青春18切符日光の旅 東京上野〜JR日光駅・東武日光駅編

金沢・京都編(全7編)はこちらから
【北陸新幹線】東京〜金沢旅行記 近江町市場・ひがし茶屋街編

姫路・宮島・広島市内編(全9編)はこちらから
青春18切符東京〜姫路の旅 姫路城 夜のライトアップが美しかった

大阪編(全5編)はこちらから(旧ブログ)
青春18切符で東京から大阪へ~東海道線を突っ走る旅(1日目)

岡山・香川編(全5編)はこちらから(旧ブログ)
青春18切符で東京から京都~大阪~岡山へ突っ走る東海道線の旅

仙台編(全9編)はこちらから(旧ブログ)
青春18切符仙台の旅1日目(東北本線北上編)

岐阜 高山・飛騨エリアのおすすめホテルベスト5

[myphp1 file=’nasimeyablog-simple-hotel-search-smallclass’]

コメント