iPhoneのTwitterアプリ「TheWorld for iOS」の使い方・使用感

   2015/10/03

前回は、iPhoneのTwitterアプリ「Echofon」の使い方・使用感を紹介しました。

今回は、第4弾としてiPhoneのTwitteアプリ「TheWorld for iOS」について紹介してみます。

スポンサーリンク

iPhoneアプリ「TheWorld for iOS」の基本項目

TheWorld for iOS
価格: 無料
AppStoreで詳細をみる

iPhoneのTwitterアプリ「TheWorld for iOS」の基本項目について表にしてみました。

項目 内容
価格 無料
無料版の有無 -
有料版との違い -
テーマ色 4種類
複数アカウント 対応
リスト表示 対応
iPadアプリ 有り(ユニバーサル)
Macアプリ なし
同期方法 -
広告表示 なし
後で読む連携 ・Pocket
・Evernote
ストリーミング対応 3G/Wi-Fi
DM 可能
ミュート ・ユーザー
・キーワード
・クライアント
互換性 iOS 6.0以降
最適化 ・iPhone 5
・iPhone 6

TheWorld for iOSのホーム画面とツイート画面

iPhoneのTwitterアプリ「TheWorld」の使い方
▲TheWorld for iOSのホーム画面とツイート画面はご覧のような感じです。

TheWorld for iOSの基本操作

iPhoneのTwitterアプリ「TheWorld」の使い方
▲ツイートをタップすると、返信・リツイート・お気に入り(ふぁぼ)・Other Function・Send Functionの操作が行えます。

Other Functionについては、

  • UnOfficial Retweet(非公式リツイート)
  • Account Select RT(リツイート)
  • Account Select Fav(お気に入り)

Send Functionについては、

  • Copy to PasteBoard(ツイートをコピー)
  • Copy Tweet URL(ツイートURLをコピー)
  • Save URL to Pocket(URLをPocketに保存)
  • Save to Evernote(Evernoteに保存)

機能がそれぞれ割り当てられています。

TheWorld for iOSのテーマ変更設定方法

TheWorldの初期テーマは「Black」です。

TheWorldにはテーマが4つ用意されています。

iPhoneのTwitterアプリ「TheWorld」の使い方
▲左上から右下の順に、Black・White・Gray・Pinkとなっています。(Blackがおすすめ。)

テーマを変更するには以下の操作を行います。

iPhoneのTwitterアプリ「TheWorld」の使い方
▲TheWorldのホーム画面右下の「3点ダッシュ」→「Settings」→Layoutの「Color Theme」から選択できます。

なお、Color Themeの下の「Manage Color」を選択すると、色んな項目の色を自分で指定できます。

項目の対応関係については以下のツイートが強烈にわかりやすいです。

後はツイート内のリンクの色が区別できるようになったら良いと思いました。

TheWorld for iOSでリストを表示する方法

TheWorldでは、タブを自由に追加することができ、タブ間は左右にスワイプで移動できます。

タブには、特定のリストを追加することも可能です。

以下、その設定方法です。

iPhoneのTwitterアプリ「TheWorld」の使い方
▲TheWorldのホーム画面右下の「3点ダッシュ」→「Show my profile」→「Public lists」とタップし、

iPhoneのTwitterアプリ「TheWorld」の使い方
▲タブに追加したいリストを選択すると、リストが表示されます。右下の「+」をタップすることで、

iPhoneのTwitterアプリ「TheWorld」の使い方
▲タブに追加できました。実際に確認してみると、目的のリストをタブに追加できていることがわかります。

TheWorld for iOSでミュートを設定する方法

TheWorld内で表示したくないキーワードなどについては、あらかじめミュート設定しておくことで、非表示にしておくことができます。

以下、その設定方法です。

iPhoneのTwitterアプリ「TheWorld」の使い方
▲TheWorldのホーム画面右下の「3点ダッシュ」→「Settings」→Othersの「Specific Settings」をタップし、

iPhoneのTwitterアプリ「TheWorld」の使い方
▲下部の「+」をタップすると、Screen Name・Tweet Content・Client Nameについてミュートすることができます。

TheWorldのプッシュ通知について

TheWorld for iOSではプッシュ通知に対応していないようです。

(参考ツイート)

プッシュ通知を利用する場合は、別のアプリを利用する必要があります。

一例としては、Twitter公式アプリやTweetbot 3です。
Twitter
価格: 無料
AppStoreで詳細をみる

Tweetbot 3 for Twitter
価格: ¥600
AppStoreで詳細をみる

TheWorldの寄付機能について

TheWorld for iOSは無料アプリかつ広告がありません。

運営をサポートする方法として、アプリ内から寄付を行うことができるようになっています。

TheWordl for iOSの使い方
▲「Settings」→Creditタブの「Donate」をタップすると、寄付するか尋ねられます。「Yes, I donate.」をタップすると、

TheWordl for iOSの使い方
▲ポップアップが出現します。寄付アカウント一覧にTwitterアカウントを追加したい場合は「YES, list my account」、寄付だけで良い場合は「NO, only donate」をタップします。今回は、「YES, list my account」を選択しました。

TheWordl for iOSの使い方
▲寄付アカウント一覧への掲載をOKしたアカウントについては、「Supporters」から確認することができます。確認できないほど多くの方に寄付されていました。

なお、寄付したことによる機能解放が少しあるようです。(いずれも特殊な機能解放。)

以下は機能解放についての作者のツイートです。

TheWorld for iOSで設定した項目について

TheWorld for iOSがより使いやすくなるように、初期設定から変更した項目について記しておきます。

  • よく利用するリストや検索結果をタブに追加
  • フォントサイズを約12ptに変更
  • Manage ThemeからSubColorを白から青に変更

TheWorld for iOSの使用感について

TheWorld for iOSの使用感について、箇条書きで書いてみます。

  • ツイートが奥から手前に出てくるところが良い(地球儀を回転させた時のようなアニメーション)
  • タブの切り替えがスムーズ
  • タブに特定のリストを表示できるのが良い
  • プッシュ通知に関しては代替アプリを利用する必要あり

TheWorldの地球儀を回転させているような操作感は他のアプリでは中々ありません。

中々楽しい操作感です。

以上、TheWorld for iOSの使い方・使用感についてのレビューでした。

TheWorld for iOS
価格: 無料
AppStoreで詳細をみる

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。