熱中症対策「暑さ指数」を手軽に確認出来るiPhoneアプリ「熱中症警戒計」

前回は、熱中症を予防する上で重要な指標となる「暑さ指数」を配信してくれるサービスを紹介しました。

メールでの配信サービスでは、指定した条件の時に配信される仕組みです。

例えば、

  • 3日間の予測値を朝7:00に配信
  • 指定した暑さ指数を超したら配信

といった感じです。

今の現在地の「暑さ指数」を確認する事は出来ませんでした。

そこで今回紹介するのが、現在地の「暑さ指数」を確認出来るiPhoneアプリです。

現在の「暑さ指数」を確認出来るiPhoneアプリ「熱中症警戒計」について紹介しようと思います。

スポンサーリンク

暑さ指数を確認出来るiPhoneアプリ「熱中症警戒計」

アプリを初めて起動したら、まずは観測点を設定します。

観測点設定

熱中症警戒iPhoneアプリ
▲下メニューバーの「観測点設定」から(左)、表示したい観測点を設定する事が出来ます。5地点まで設定可能です(右)。

熱中症警戒iPhoneアプリ
▲設定が完了すると、現在の気温・湿度・WBGTが表示されています。

一番右に表示してあるWBGT(Wet Bulb Globe Temperature)が暑さ指数です。

熱中症警戒iPhoneアプリ
▲WBGTの詳細については、左下2番目から確認する事が出来ます。湿度・輻射熱・気温の3つを取り入れた指標となっています。

日本生気象学会では、危険度ランクが

  • 危険(31 ℃以上)
  • 厳重警戒(28〜31 ℃)
  • 警戒(25〜28 ℃)
  • 注意(25 ℃未満)

の4段階に分かれています。

アプリの中央には、WBGTの危険度が一体となった温度計が表示されており、ぱっと見ただけで危険かがわかるようになっています。

気温・湿度・WBGTは1時間おきに更新されます。

まとめ

メール配信サービスもいいですが、現在のWBGT(暑さ指数)を手軽に確認出来るというのも良いですね。

WBGTに意識を向ける事で、熱中症にならないように意識する事が出来ます。

熱中症警戒計
価格: 無料

関連記事

コメント