【宮島・夕食】 まめたぬきで熱々ホクホクの「穴子陶箱飯」を食べた

   2015/09/17

前回(青春18切符姫路〜広島宮島の旅 JRフェリーで宮島桟橋へ)からの続きです。

宮島では、宮島桟橋から徒歩1分のところにある「錦水別荘」に宿泊しました。

夕食はついていないプランを選択したので、夕食を食べる場所を探す必要があります。

宮島のホテル 錦水別荘のサービス
▲錦水別荘のチェックイン時に、姉妹館「錦水館」の1階にある食事処「まめたぬき」の10%割引券をもらいました。

宮島のホテル 錦水別荘のサービス
▲メニューももらって、夕食をどこにしようかと考えていたので、「まめたぬき」に行くことにしました。

スポンサーリンク

「まめたぬき」の「穴子陶箱飯」はアツアツホクホクだった

表参道商店街
▲まめたぬきは、表参道商店街にあります。基本的に宮島の夜はお店がほとんど営業していません。夕食ができる場所も限られてきます。

宮島夕食「まめたぬき」
▲こちらが錦水館1階の「まめたぬき」です。

店内はカウンター席・テーブル席合わせて20席。

カウンター席があるので、一人でも入りやすいと思います。

まめたぬきの「穴子陶箱飯」
▲こちらが名物の穴子陶箱飯(1,950円)。宮島名物の穴子です。陶器の箱ごと蒸しあげているので、最後までアツアツホクホクを楽しめます。

穴子陶箱飯
▲タレがまた甘くて美味しかったです。

居酒屋以上 割烹未満というキャッチコピーを掲げている「まめたぬき」。

宮島観光の際の夕食にオススメです。

まめたぬきの店舗情報

営業時間 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 年中無休

続く⇒広島の宮島を観光してきた(厳島神社・宝物館・千畳閣など)

関連記事

岐阜飛騨高山〜白川郷編(全3編)はこちらから
青春18切符岐阜飛騨高山〜白川郷の旅1日目 高山本線を北上

日光東照宮編(全7編)はこちらから
青春18切符日光の旅 東京上野〜JR日光駅・東武日光駅編

金沢・京都編(全7編)はこちらから
【北陸新幹線】東京〜金沢旅行記 近江町市場・ひがし茶屋街編

大阪編(全5編)はこちらから(旧ブログ)
青春18切符で東京から大阪へ~東海道線を突っ走る旅(1日目)

岡山・香川編(全5編)はこちらから(旧ブログ)
青春18切符で東京から京都~大阪~岡山へ突っ走る東海道線の旅

仙台編(全9編)はこちらから(旧ブログ)
青春18切符仙台の旅1日目(東北本線北上編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。