【本】買いたい!スイッチを押す方法の感想

   2015/06/06

「買いたい!スイッチを押す方法」という本を読んだので、概要・感想を箇条書きで書いてみます。

  • 人が商品を購入する行動どのようにして起こっているかを解説している本
  • 売り上げが伸びた実例(プリン・椅子)が紹介されていて「なるほど」と思った
  • テレビショッピング(ジャパネットタカタ)の例も出てきた
  • ブログで商品をレビューする際に凄く参考になった
  • アイデア次第でどんどんと売り上げが伸びそう
  • 簡単に言うと感情に訴えるのがポイント
  • 印象に残った言葉は「脳は不況を知らない」

対象読者としては「物を売る人すべて」です。

売り場担当者全員がこの本を読めば「物が売れない」といった悩みが消え去る勢いです。

同じ商品を売るにしても工夫次第で何倍にも差が出るアイデアが詰まっている本書でした。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。