ソフトバンクiPhone 5sからOCNモバイルONEへMNPした時の料金シミュレーションをしてみた

   2015/12/14

月々の携帯の通信料金を安く抑えるために、ソフトバンクiPhone 5sから格安SIM「OCNモバイルONE」(Nexus 5)へMNP転出しました。

格安SIMへMNPするにあたって、月々の料金がどの位安くなるか、どのように推移していくかというのは重要な指標です。

  • OCNモバイルONE(既にSIMフリー端末を所持している場合)
  • OCNモバイルONE+SIMフリーNexus 5
  • OCNモバイルONE+SIMフリーiPhone 6
  • SoftBank+iPhone 5s現状維持

の4パターンについて、合計費用がどのように推移していくか、計算(シミュレーション)してみました。

(この記事では特に記載がない限り税込で記載しています。)

スポンサーリンク

計算したプランについて

先ほども紹介しましたが、以下の4つの場合について料金の推移を計算してみました。

OCNモバイルONE(既にSIMフリー端末を所持している場合)

自分は既にSIMフリーのNexus 5を所持しているので、新たにSIMフリー端末を購入する必要はありません。

この場合の費用を算出してみます。

初期費用について

まずは初期費用について計算してみます。

初期費用は大きく分けて

  1. ソフトバンクからMNP転出する費用
  2. OCNモバイルONEヘMNP転入する費用

の2つがあります。

ソフトバンクからMNP転出する費用

ソフトバンクからMNP転出する際にかかる費用は以下のようになります。

解約(MNP)の際にかかる費用については、ソフトバンクのMySoftBankから確認出来ます。
関連解約する・MNP予約番号を取得する | ソフトバンク

内容 費用
解約手数料 10,260円
端末残金 8,980円
MNP転出料 3,240円
解約月の料金 5,790円(※)
28,270円
(※)解約月の料金の計算について。

10日締め。7/14に解約と仮定。解約月は7/11〜7/14までの利用を想定。

ホワイトプラン・S!ベーシックパック→日割り
パケットし放題→日割りが適用されない

解約月の内訳の計算は以下の通り。
ホワイトプラン934円×4/31=120.51円
パケットし放題5200円
S!ベーシックパック300円×4/31=38.70円
ユニバーサル料2円
計5,361.21(税抜)
消費税8%を考慮すると5,790円(小数点切り捨て)

OCNモバイルONEへMNP転入する費用

続いて、OCNモバイルONEヘMNP転入する際にかかる費用は以下のようになります。

内容 費用
Nexus 5(端末代) 0円
パッケージ代 1,127円
MNP転入料 0円
1,127円

初期費用の合計は、29,397円(=28,270円+1,127円)となります。

OCNモバイルONEの月額費用について

OCNモバイルONEの音声対応SIMの中では一番安い以下のプランに申し込みました。

プラン名 料金
110MB/日コース 972円
音声対応SIMカード 756円
ユニバーサルサービス料 2.16円
1,730円(小数点以下切り捨て)

経過月数による費用推移

OCNモバイルONEでは、利用開始月(お申し込み日の10日後を含む月)は、月額基本料およびレンタルデータ端末利用料が無料です。

この事を考慮すると、(経過月数)による費用推移は以下のような式になります。

29,397円+1,730円×((経過月数)-1)

OCNモバイルONEのSIM+Nexus 5の場合

SIMフリー端末「Nexus 5」を今から購入する場合、違いは初期費用のOCNモバイルONE側の端末代だけになります。

初期費用について

ソフトバンクからMNP転出する費用

ソフトバンクからMNP転出する際の費用は、先ほどと同じ28,270円です。

OCNモバイルONEへMNP転入する費用

続いて、OCNモバイルONEヘMNP転入する際にかかる費用は以下のようになります。

内容 費用
Nexus 5(端末代) 38,000円(※)
パッケージ代 1,127円
MNP転入料 0円
39,127円
(※)2015年7月14日現在のAmazonでのNexus 5 32GBの価格(Nexus 5 LG-D821 32GB SIMフリー

初期費用の合計は、67,397円(=28,270円+39,127円)となります。

経過月数による費用推移

初期費用の端末代が加わったことによって、(経過月数)による費用推移は以下のような式になります。

67,397円+1,730円×((経過月数)-1)

OCNモバイルONEのSIM+iPhone 6の場合

SIMフリー端末「iPhone 6」を今から購入する場合、先ほどと比べるとNexus 5がiPhone 6になっただけです。

初期費用について

ソフトバンクからMNP転出する費用

ソフトバンクからMNP転出する際の費用は、先ほどと同じ28,270円です。

OCNモバイルONEヘMNP転入する費用

続いて、OCNモバイルONEヘMNP転入する際にかかる費用は以下のようになります。

内容 費用
iPhone 6(端末代) 93,744円(※)
パッケージ代 1,127円
MNP転入料 0円
94,871円
(※)2015年7月14日現在のApple Store OnlineでのiPhone 6 16GBの価格(iPhone 6 16GB シルバー – Apple Store(日本)

初期費用の合計は、123,141円(28,270円+94,871円)となります。

経過月数による費用推移

初期費用の端末代がiPhone 6になったことで、(経過日数)による費用推移は以下のような式になります。

123,141円+1,730円×((経過日数)-1)

SoftBank+iPhone 5s現状維持の場合

格安SIMへMNPせずに、ソフトバンクiPhone 5sを現在のプランのまま継続利用する場合についても計算しました。

初期費用

現状維持ですので、初期費用は必要ありません。

ソフトバンクの月額費用について

現在のソフトバンクの月額費用の内訳は以下のようになっています。

内容 料金
ホワイトプラン 1008.72円
パケットし放題フラット for 4G LTE 5,616円
かいかえ割 -1,080円
S!ベーシックパック 324円
ユニバーサル料 2.16円
5,870円(小数点以下切り捨て)

iPhone 4sからiPhone 5sへの機種変更時、学生だったので「かいかえ割」が2年間有効でした。

「かいかえ割」は2015年9月に終了予定です。

2015年10月以降は以下のような内訳の予定となります。

内容 料金
ホワイトプラン 1008.72円
パケットし放題フラット for 4G LTE 5,616円
S!ベーシックパック 324円
ユニバーサル料 2.16円
6,950円(小数点以下切り捨て)

経過月数による費用推移

以上の結果から、経過月数による費用推移は以下のようになります。

2015年9月まで

5,870円×(経過月数)

2015年10月以降

17,610円+6,950円×((経過月数)-3)

月額支払い費用の推移をシミュレーションしてみた

以上、4つの場合について、経過月数と共に支払い費用がどのように推移していくかを表す式をたてました。

この4つの式をグラフ化したのが以下の図になります。

OCNモバイルONEの料金シミュレーション
▲こちらが月額支払い費用の推移を表した図。

初期費用の端末代を考慮しない場合(紫線)、ソフトバンクiPhone 5sをそのまま使い続けた場合と比べると、2016年1月以降は安くなる計算になっています。

はじめの頃は解約金などがかかっていますが、月々の支払いを安く抑えられるので、約5ヶ月で回収出来る計算となっています。

端末代としてNexus 5・iPhone 6を今から購入する場合も同様に、それぞれ2016年10月以降、2017年12月以降は安くなる計算になっています。

実際には、ソフトバンクの方で機種変更時のキャンペーンが実施されるはずなのでこの限りではないのですが、それでもMVNOの格安SIMは安いです。

あまり通話をしない私にとっては3大キャリアは高額であると感じたので、MNPするに至りました。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。