シンガポールのマリーナベイサンズホテルに宿泊

   2016/01/11

複数回に渡ってシンガポール旅行記を紹介してきましたが、旅行中に宿泊したマリーナベイサンズホテルについて、詳しく紹介しようと思います。

スポンサーリンク

マリーナベイサンズについて

マリーナベイサンズの夜景

マリーナベイサンズは2010年に開業したホテルです。

  • 57階建て
  • 200 m
  • 2561室
  • 屋上にプール

という特徴があります。

高さもさることながら、タワーが3つあり屋上がプールという奇抜さは飛び抜けています。

マリーナベイサンズの屋上プール

屋上プールに関しては、以下の記事で書いてみました
関連マリーナベイサンズの57階にある屋上プールを満喫

チェックインについて

ホテルのチェックインでは

  • パスポート
  • デポジット(預かり金)

が必要でした。

デポジット(預かり金)に関して

デポジット(預かり金)として、1人S$200必要でした。

このS$200は、ホテル内のレストランや客室の冷蔵庫の飲み物などを利用していなければチェックアウト時に全額返金されます。

もし利用していれば、その差額が返金されます。

マリーナベイサンズに宿泊する場合は、デポジットも考慮して両替する金額を設定しておかなければいけませんでした。

マリーナベイサンズホテルの部屋の種類

マリーナベイサンズホテルの客室の種類は全部で9種類あります。

  • デラックスルーム
  • プレミアルーム
  • クラブルーム
  • グランドクラブルーム
  • オーキッドスイート
  • サンズスイート
  • マリーナスイート
  • プレジデンシャルスイート
  • チェアマンスイート

下に書いてあるほどグレードがアップします。

ホテルの公式ページ(シンガポールのホテルプロモーション、マリーナベイサンズの客室&施設)からオンライン予約が出来るのは、上5つまでで、下4つは電子メールでのやり取りが必要です。

今回は一番グレードが低い「デラックスルーム」に宿泊しました。

マリーナベイサンズのデラックスルームについて

マリーナベイサンズの夜景
▲エレベーターで29階にあがりました。

マリーナベイサンズの夜景
▲格調高いロビー。

マリーナベイサンズの部屋
▲そしてこちらがデラックスルーム。

マリーナベイサンズの部屋
▲シャワールーム。バスタブはありません。(プレミアルーム以上だとバスタブ有り)

マリーナベイサンズの部屋
▲開放的なトイレ。扉はありません。一応、洗面台と部屋の間には扉がありますが、洗面台とトイレ・洗面台とシャワーの間には扉がありません。

マリーナベイサンズの部屋
▲29階の客室から見えるシティビュー。(部屋の面する方向によってシティビューorガーデンビューとなりますが、シティビューの方が夜景が綺麗です。)

マリーナベイサンズホテルのモーニングビュー
▲ちなみにモーニングビューだとこんな感じ。

マリーナベイサンズの部屋
▲ふかふかベッド。

マリーナベイサンズの部屋
▲42インチのテレビ。

マリーナベイサンズの部屋
▲こちらは通路。

マリーナベイサンズの部屋
▲宿泊者には「Marina Bay Sands」のラベル付きの水が用意されています。

マリーナベイサンズの部屋
▲電源はユニバーサルソケット。

マリーナベイサンズホテル内

宿泊部屋以外は、宿泊者以外も入場できるようになっているので、ロビーには沢山の人が歩いています。

商業施設やレストランが立ち並んでいますので、一種の立派な観光スポットと言えます。

マリーナベイサンズの夜景
▲マリーナベイサンズタワー1の入口付近。

マリーナベイサンズの夜景
▲建物の内部構造が美しい。

マリーナベイサンズホテルでの朝食

1泊目の朝は、マリーナベイサンズ タワー3の目の前にある「SweetSpot」というお店で

  • チョコレートクロワッサン(Chocolate Croiss)(S$3.5)
  • 紅茶(Tea)(S$4.5)

を飲食しました。

店内にはカウンター席とテーブル席合わせて15席ほどありました。

テーブル席に座って食べましたが、ホテルの部屋に持ち帰って食べるのもありです。

朝食のプランが決まっていなかったらおすすめです。

公式ページ:SweetSpot – Marina Bay Sandsのデザートレストラン

2泊目の朝はなしです。チャイナタウンでの鶏飯が朝昼兼用でした。

荷物預かりについて

連泊している間はホテルの客室に荷物(キャリーバッグ)などを置いておくことは可能です。

ただし、チェックアウト後はホテルの客室に置いておくことはできません。

そのような時には、マリーナベイサンズホテルの荷物預かりサービスを利用しましょう。

マリーナベイサンズの荷物預かり
▲場所は、マリーナベイサンズタワー1入口にある荷物預かり場所を利用しました。

こちらで宿泊したホテルの部屋番号と名前を伝えれば、荷物を預かってもらうことが可能でした。料金は無料でした。

荷物引換券を貰うので、無くさないようにしておきます。

チャンギ国際空港からマリーナベイサンズへのアクセス

地下鉄MRTでの所要時間・料金

地下鉄MRTを利用した場合、チャンギ国際空港からマリーナベイサンズまでの所要時間は乗り換え含めて約45分です。

乗り継ぎは以下のように行いました。

チャンギ・エアポート(Changi Airport)
MRT東西線,8分
タナ・メラ(Tanah Merah)
MRT東西線,17分
ブギス(Bugis)
MRTダウンタウン線,4分
ベイフロント(Bayfront)

タクシーでの所要時間・料金

タクシーを利用した場合、チャンギ国際空港からマリーナベイサンズまでの所要時間は約30分、料金は約S$30のようです。

マリーナベイサンズホテルを予約する方法

マリーナベイサンズホテルの宿泊費用をできるだけ安く抑えるには、比較が必要です。

トリップアドバイザーでは、各種宿泊予約サイトでの料金を比較することができます。

海外で宿泊する際の予約サイトとして代表的なサイト「Booking.com」や「Agoda」に対応しています。

さらに、宿泊施設の口コミも見ることができるので、宿泊サイトを検討する際に便利なサイトです。

トリップアドバイザーでマリーナ ベイ サンズ (Marina Bay Sands) の情報や口コミを見る

マリーナベイサンズはよく「一生に一度は宿泊したいホテル」の1つとして紹介されている事が多いですが、その通りだと思いました。

楽天トラベルでマリーナベイサンズの評判・口コミを見る

関連記事

ネット通信に関して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。