【Zaim】レシート撮影画面を直接開くURLスキームの活用法

iPhoneの家計簿アプリ「Zaim」の使い方を眺めていた所、URLスキームパラメータが用意されている事がわかりました。

毎日記録しているZaimでの記録が、ほんの少しだけ楽になると思ったので、そのURLスキームの活用方法と、Zaimで用意されているURLスキームについて紹介しようと思います。

スポンサーリンク

iPhoneアプリ「Zaim」で用意されているURLスキーム

iPhoneアプリ「Zaim」で用意されているURLスキームは以下になります。

機能URLスキーム
レシート撮影画面を立ち上げzaim://createReceipt
支払いの入力画面を立ち上げzaim://createPayment
収入の入力画面を立ち上げzaim://createIncome
振替の入力画面を立ち上げzaim://createTransfer
お気に入りの入力画面を立ち上げzaim://createFavorite
金融機関との連携の確認画面を立ち上げzaim://showOnlineAccountStatus

Zaimアプリを起動するためのURLスキームは「zaim://」ですが、より深い階層を直接起動できるという事です。

ZaimのURLスキームの具体的な活用方法

毎日決まった時間にZaimを起動出来るように、iPhoneのリマインダーアプリ「Due」に「zaim://」を登録していました。

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム
価格: ¥600

Zaimで使用する主な機能としては、レシート撮影機能なので、

  • 今までは、決まった時刻にZaimを起動していたが
  • これからは、決まった時刻にZaimのレシート撮影画面を起動する

というように設定を変更しました。

ここからは、iPhoneのリマインダーアプリ「Due」での設定方法について紹介します。

slooProImg_20150208160928.jpg
▲Dueアプリで右上の+をタップして(左)、「zaim://createReceipt」と入力して「追加」をタップします(右)。

slooProImg_20150208160926.jpg
▲項目を追加できました(左)。時間になると通知がくるのでiPhoneを起動してDueのチェックを行い(右)、

slooProImg_20150208160925.jpg
▲画面に従って開きます(左)。すると、Zaimが起動し、Zaim用のロックを解除すると(右)、

slooProImg_20150208160923.jpg
▲レシート撮影画面になっています。

いつもならば、レシート撮影画面を立ち上げていましたが、その必要がなく直接レシート撮影画面に移れています。

ZaimのURLスキームを活用する事で、いつもの記録がほんの少しだけ楽になりました。

家計簿Zaim 人気 の簡単レシート家計簿

家計簿Zaim 人気 の簡単レシート家計簿
価格: 無料
posted with アプリーチ

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム
価格: ¥600

コメント