【iOS 8】純正カメラアプリからセルフタイマー撮影できる

AppleのiOS 7までは、Apple純正カメラアプリを使用してのセルフタイマー撮影をする事は出来ませんでした。

そのため、iPhoneでセルフタイマー撮影を行いたい場合、サードパーティ製のアプリを使用する必要がありました。

サードパーティ製のセルフタイマー撮影アプリの代表格は、「セルフタイマーカメラ」アプリでした。名称ドストライク。

セルフタイマーカメラ
価格: 無料

しかし、2014年9月に公開されたiOS 8では、純正カメラアプリでもセルフタイマー撮影が出来るようになりました。

セルフタイマー撮影機能が追加されたわけですね。

いつもiPhoneで撮影をする時に純正カメラアプリを使用していた人にとっては、嬉しい機能の追加です。

これで、セルフタイマー撮影をしたい場合でも、サードパーティ製のアプリを開く必要がなく、純正カメラアプリで済むようになりました。

今回は、iOS 8での純正カメラアプリを使用してのセルフタイマー撮影の方法、そして、サードパーティ製のセルフタイマーアプリとの使い分けについて紹介します。

スポンサーリンク

iOS 8の純正カメラアプリでセルフタイマー撮影する方法

純正カメラアプリのセルフタイマー撮影
▲純正カメラアプリを起動すると、画面の端にタイマーマークがあるのでタップします。

純正カメラアプリのセルフタイマー撮影
▲そして、タイマーの秒数を選択します。

タイマーの秒数は

  • 3秒
  • 10秒

から選択できます。今回は3秒をタップします。

純正カメラアプリのセルフタイマー撮影
▲続いて、通常通り写真を撮影する時には、丸いマークをタップします。

純正カメラアプリのセルフタイマー撮影
▲すると、タイマーが開始され、右上に残り秒数が表示されます。画面では、残り1秒であることがわかります。

iPhone 5s(iOS 8.1)では、セルフタイマー撮影時に10枚の写真が連写(バーストモード)されました。仕様です。

なお、インカメラ(内側のカメラ、自撮りするときに便利)を使用する際でも、セルフタイマー撮影は可能です。

純正カメラアプリで撮影した写真の確認方法

純正カメラアプリで撮影した写真は、通常の撮影通り、純正写真アプリ内に保存されています。
純正カメラアプリのセルフタイマー撮影
▲カメラロールの中を見てみると、連写した時の1枚目の写真が表示されているので、「選択…」をタップします(左)。すると、連写した10枚の写真一覧のサムネイルを確認する事が出来ます(右)。

純正アプリとサードパーティ製アプリ「セルフタイマーカメラ」のセルフタイマー撮影の違いについて

ここで、純正アプリと、サードパーティ製アプリ「セルフタイマーカメラ」のセルフタイマー撮影の違いについてまとめておきます。

純正カメラアプリ「セルフタイマーカメラ」アプリ
秒数3秒/10秒3秒/5秒/10秒/20秒/30秒
撮影枚数10枚(iPhone 5s)1枚
広告なしあり

まとめ

基本的には、純正カメラアプリで事足りてしまいます。

より遠い所から撮影したい場合には、タイマー時間が長いサードパーティ製のアプリを使用するといいでしょう。

以上、純正カメラアプリのセルフタイマー撮影の方法、そしてサードパーティ製のセルフタイマーアプリとの使い分けについてでした。

セルフタイマーカメラ
価格: 無料

関連記事

コメント