AndroidアプリFirefoxのアドオン「Quick Gestures」の使い方

前回、Androidのブラウザアプリの中で使いやすいアプリを探す上で、Google Chromeの使い心地について書いてみました。

続いてFirefoxの使い心地について調べているのですが、Firefoxには使い心地が良くなるアドオンというものがあります。

オススメのアドオンとして、Quick Gesturesというものがあります。

このアプリでは、1本指ジェスチャー戻るや進むを指定できます。

Android版Firefoxのアドオンである「Quick Gestures」の使い方について紹介します。

スポンサーリンク

Android版Firefoxのアドオン「Quick Gestures」の使い方

Firefox ウェブブラウザー

Firefox ウェブブラウザー
価格: 無料
posted with アプリーチ

Android版Firefoxのアドオン「quick gestires」の使い方
▲Firefoxのアドオンページ「Quick Gestures」から、「Firefoxへ追加」をタップします(左)。そして、「インストール」をタップします(右)。

インストールはこれで完了です。

Android版Firefoxのアドオン「quick gestires」の使い方
▲そしてブラウザのホーム画面右上のマークをタップし(左)、「ツール」を選択します(右)。

Android版Firefoxのアドオン「quick gestires」の使い方
▲「アドオン」をタップすると(左)、アドオン一覧が表示されるので「Quick Gestures」を選択します(右)。

Android版Firefoxのアドオン「quick gestires」の使い方
▲そして「開く」をタップすると(左)、Quick Gesturesの設定画面となります(右)。

ここでスワイプ動作時の挙動を指定する事が出来ます。

例えば、一番上の「履歴を戻る」ですと、DRと書かれています。

アルファベットのDは「Down」のDで、同様にRは「Right」を意味しています。

各種アルファベット対応関係は以下の通りです。

アルファベット意味
LLeft(左)
RRight(右)
UUp(上)
DDown(下)

以下、実際に「Quick Gestures」アドオンを利用した時の様子を紹介します。

Android版Firefoxのアドオン「Quick Gestures」を利用してみる

簡単な実例として、「履歴を戻る」操作を紹介します。

「履歴を戻る」操作には、最初に「DR」が割り当てられています。DはDown(下)、RはRight(右)となっています。

Android版Firefoxのアドオン「quick gestires」の使い方
▲このように、離さずに下、右スワイプすると(左)、1つ前の画面に戻ります(右)。

一方で、進む操作は「下、左スワイプ」です。

1本指スワイプで戻る・進む操作が出来るというのは、ブラウザアプリを選ぶ上で重要な指標の1つです。

Quick Gesturesで設定できる項目

Quick Gesturesで設定できる項目を以下に示します。

赤印は自分が重要と考える操作です。

操作割り当て(初期設定)
履歴を戻るDR
履歴を進むDL
更新
一番上へスクロールRD
一番下へスクロールRU
前のタブUR
次のタブUL
タブを閉じるDRU
閉じたタブを復元DLU
フルスクリーンURD
Firefoxを終了
ホーム
新規タブ
新規プライベートタブ
アドオン
ダウンロード
ジェスチャ設定RDL
プライベートデータを消去
クッキーを削除

一番上や一番下へスクロール出来る操作も中々便利です。

まとめ

1本指スワイプでの戻る進む操作を実現できるので、Firefoxブラウザを利用するときには「Quick Gestures」アドオンは入れておきたいと思いました。

Quick Gestures

Firefox ウェブブラウザー

Firefox ウェブブラウザー
価格: 無料
posted with アプリーチ

関連記事

コメント