するぷろで過去記事が取得できない→原因の「混入した制御文字」をSublimeTextで視認可能

このブログは基本Macから書くことが多いのですが、iPhoneから書くこともあります。

iPhoneからブログをアップロードする時には、するぷろ・SLPRO Xアプリを利用しています。

するぷろ – 迅速かつ簡単にブログを投稿できるエディタ
価格: ¥600

するぷろ X for WordPress & MT
価格: ¥1,600

するぷろアプリでは過去記事が取得できないことが時々ありました。

その解決方法については2回書いています。

原因は「謎の文字」がいつの間にか紛れ込んでしまっていることでした。

FeedValidatorというツールをチェックして、RSSの中に紛れ込んでいる「謎の文字」を見つけることが出来ました。

しかし、下書きの記事の場合はRSSとして反映されないので、Feedvalidatorによってチェックすることは出来ませんでした。

そこで役に立ったのがこちらの記事です。
RSSフィードエラー:原因と暫定対応 – 北本日記

上記記事では、「SublimeText」というテキストエディタでは「謎の文字(制御文字)」が見えることが紹介されていました。

自分もPCからリネームした画像を大量にアップロードする時には、SublimeTextを利用しているので、早速試してみました。

sublimetextで制御文字を発見
▲SublimeText2で見ると、「BS」という制御記号が紛れこんでいました!すごい!みえる!

sublimetext2
▲SublimeText2はHTMLタグをハイライトさせることが出来るので、「BS」という記号は少し見やすくなっていました。

スポンサーリンク

まとめ

今までは下書きを書いている時にするぷろアプリで過去記事が取得できない時には、どの部分に謎の文字が入っているかを、文章を切り取りながら探していました。

文章が長い場合は特にこの作業が面倒くさかったので、今回解決方法が判明して、非常に助かりました。

これで書く作業に集中しやすくなりました。

するぷろ – 迅速かつ簡単にブログを投稿できるエディタ
価格: ¥600

するぷろ X for WordPress & MT
価格: ¥1,600

関連記事

コメント