Excelで大量のセルに対して式のコピーを一瞬で行う方法

   2015/04/25

実験のデータ解析をする際には、Igorソフトを使用しているのですが、簡易的に計算結果を確かめたい時にはExcelを使用しています。

Excelの方がセルのコピーや計算が楽な所はあります。

さて、Excelのセルに数式を入力して、セルの右下部分を下方向へドラッグすることで、自動的に計算を行うことができます。

一々式を入力する必要がないので、とっても便利です。

以下のような感じです。
microsoft_excel_copy_equation
▲式が入力されているセルをドラッグ&ドロップすると、

microsoft_excel_copy_equation
▲セルに対応した式で計算する事が出来ます。が、セルが長すぎると、ドラッグ&ドロップを続けるのが大変です。ドラッグドロップアプトしてしまいます。

しかし、縦のセルが大量にあった場合はどうでしょうか。

microsoft_excel_copy_equation
▲約350行も行う場合にはドラッグ&ドロップするのにも多大なる時間がかかってしまいますね。

今までは最高でも500ほどだったのでドラッグだけで済ましていたのですが、今回ぶち当たったのはセルが10000です。

さすがにセルを10000引っ張るのは疲れました。(1回試しました。)
3分くらいかかります。

1回ドラッグすれば済む話ではなく、何回か行わなければいけない作業だったので、ドラッグが必要のない方法を探しました。

すると、こちらのページにたどり着きました。センター試験で一時期話題になったことのあるYahoo!知恵袋です。

エクセルでの式のコピーについて質問です。

こちらのページを参考に試してみたところ、無事に計算ができました。

今回は、大量のセルに対してドラッグ&ドロップを使用せずに、大量のセルに対して式のコピーを一瞬で行う方法について紹介します。

スポンサーリンク

大量のセルに対して式のコピーを一瞬で行う方法

microsoft_excel_copy_equation
▲式が入力されているセルの右下をダブルクリックすると、

microsoft_excel_copy_equation
▲一気に計算された結果が表示されます。最強です。大量のセルに対して式のコピーを一瞬で行う事が出来ました。

microsoft_excel_copy_equation
▲念のため計算結果の確認です。P7セルでは、O7*10+3という式が反映されている事が確認できました。

microsoft_excel_copy_equation
▲最終行P354セルでも式が反映されている事が確認できました。

これで10000のセルを計算するのも一瞬です。

ちなみに、10000ほどのセルを扱う時に絶対知っておかなければならないExcelのショートカットも記しておきます。

microsoft_excel_copy_equation
▲N6セルからN354セルまでコピーしたいとします。

microsoft_excel_copy_equation
▲そんな時には、左上の窓に、「選択開始セル:選択終了セル」という形式で入力してEnterを押します。今回の場合ならば「N6:N354」となります。

microsoft_excel_copy_equation
▲すると一番下まで選択する事が出来ました。

埋まっているセルを一番下まで選択する事によるショートカットcommand+ shift+ を利用する事も可能です。

知ると知らないとでは大違いの技です。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。