【iPhoneアプリ】【Evernote】TagWidgetの使い方

   2015/05/29

iOS 8から通知センターウィジェットが登場しました。

この通知センターウィジェットに、Evernote内の指定したタグのノートを表示出来るiPhoneアプリ「TagWidget」が登場しました。

中々面白いアプリでしたので、使い方の例と共に、TagWidgetの使い方を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

iPhoneアプリ「TagWidget」の概要

iPhoneアプリの「TagWidget」は、Evernote内の指定したタグがついたノートを、通知センターウィジェットに表示出来るアプリとなっています。

通知センターウィジェット表示専用のアプリとなっています。

ユニバーサルアプリとなっているので、iPadにも対応しています。

TagWidgetは旅行用ノートを表示するのに良い

TagWidgetアプリの特徴を以下にまとめます。

  • 指定したタグのついたノート最新5件を表示
  • ノートのほんの一部が表示(2〜3行)
  • 表示項目をタップするとEvernoteアプリに遷移可
  • 任意タグを指定可能

これらの特徴を持っている事から、TagWidgetアプリは、旅行用ノートを表示するのに最適です。

というのも、旅行の際には、色々(行き方・見所・宿泊場所等等)と調べものをして、Evernoteに入れておく事が多いからです。

これらのノートは、旅行前後で頻繁にアクセスする可能性が高いです。

そこで、これらのノートに対して、「旅行」タグを指定しておけば、通知センターウィジェットにショートカットを配置する事が可能です。

指定したタグのついたノートへのアクセスがしやすくなるというのは、TagWidgetの強みと言えます。

(ただし、最新5件以内という点に注意が必要です。)

iPhoneアプリ「TagWidget」の使い方

さて、いよいよ本題。

TagWidgetアプリを起動すると、以下の左側のような設定画面となります。

iPhoneアプリ「TagWidget」の使い方
▲設定項目としては、①「ノートタップでEvernoteアプリを開く」をオンにし、②タグをタップして(左)、表示したいタグを選択します(右)。

後は、通知センターにTagWidgetのウィジェットを追加します。

ウィジェットを追加すると、以下のように「旅行」タグのノートが最新版から5つ表示されます。

iPhoneアプリ「TagWidget」の使い方
▲図の部分をタップすると(左)、該当ノートが起動します。しかもとてもスムーズに起動します(重要)(右)。

写真が添付されているノートの場合

写真が添付されているノートの場合、ウィジェットの左側にサムネイルが表示されます。

iPhoneアプリ「TagWidget」の使い方
▲同じくノートをタップすると(左)、ノートが起動します(右)。

PDFノートの場合

PDFが添付されている場合も確かめてみました。

iPhoneアプリ「TagWidget」の使い方
▲図の部分をタップすると(左)、PDFが添付されているノートが起動します。当然のことながら、pdfを見るにはさらにタップする必要はあります(右)。

まとめ

純正のEvernoteアプリにもウィジェットは用意されています。

しかし、こちらは最近閲覧したノートが表示されます。ノートを指定出来る訳ではありません。

タグを指定する事で通知センターウィジェットにノートを表示出来るのは、旅行用ノートを表示するのにぴったりです。

以上、iPhoneアプリ「TagWidget」の使い方についてでした。

TagWidget
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥120
AppStoreで詳細をみる

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。