SoftBankからOCNモバイルONEにMNP転出した手順

   2016/09/24

月々の携帯の通信料金を安く抑えるために、6年近く使ってきたSoftBankを解約し、格安SIM(MVNO)のOCNモバイルONEにMNP転出しました。

今回は、その手順について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

SoftBankから格安SIM(MVNO)のOCNモバイルONEへMNPする大まかな流れ

まずは、SoftBankからOCNモバイルONEへMNPする大まかな流れを示します。

  1. 音声対応SIMパッケージを購入
  2. SoftBankでMNP予約番号を受け取る
  3. OCNモバイルでMNPの手続きを行う
  4. 音声通話が出来なくなる
  5. 音声SIMカードが届く&開通作業を行う(OCNモバイルONEのAPN設定)

それでは具体的に紹介していきます。

OCNモバイルONEの音声対応SIMパッケージを購入

まずは音声SIMパッケージをAmazonなどで購入します。

こちらからOCNモバイルONEの音声対応SIMパッケージを購入できます。

Amazonだと定価の3,240円よりも91%以上も安く販売されています。(2016年9月15日時点で296円)

安く買えるなら安く済ませてしまいましょう。

音声通話パッケージですが、SIMは入っていません。アクティベート番号が記載された台紙が配送されます。

OCNモバイルONEに申し込む方法
▲こちらが、音声通話SIM用のOCNモバイルONEのパッケージ。

OCNモバイルONEに申し込む方法
▲台紙に記載されているアクティベートコードが後で必要になります。

OCNモバイルONEに申し込む方法
▲他の部分には申し込み手順や流れが書いてあります。

SoftBankでMNP予約番号を受け取る

続いて、SoftBankからMNPで転出するために、予約番号を受け取ります。

予約番号を受け取るためには、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口にTELします。

ソフトバンク携帯電話なら*5533。フリーコールなら0800-100-5533に電話します。いずれも通話料は無料です。

受付時間は午前9時〜午後8時です。

参考ソフトバンクから他社へ変更する場合 | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

私は日曜の午後3時頃に電話をしましたが、混雑のせいでオペレーターの方とやりとりをするために8分ほどの待ち時間がありました。

休日だと結構混雑しているようですので、平日にかけたり、時間に余裕を持っておくと良いでしょう。

必要な情報は、契約者本人の名前確認のみでした。

引き止めポイントを提示される

ちなみにですが、ソフトバンク解約時の注意点を一通り聞いた後、ソフトバンク携帯に機種変更する際に利用出来るポイント(通称:引き止めポイント?)を提示されました。

約6年間ソフトバンクを利用していたことから、「機種変更時に利用出来る46,000ポイントあげるからMNP転出するのを考え直してみない?」という旨の提案を受けました。

契約年数によって提案されるポイントはマチマチなようですが、魅力的なポイントではあります。

ただし、長い目で見ると美味しくはないので、やんわりと断ってMNP予約番号を発行してもらいました。

MNP予約番号
▲電話を切った後、数分で現在の電話番号宛にMNP予約番号が届きました。

このMNP予約番号を、OCNモバイルONEへMNP転入時に使用します。

MNP予約番号の有効期限は15日間です。

注意点ですが、7日以上有効期限が残っている状態でOCNモバイルONEヘ申し込むように注意書きがありました。

あらかじめ取得しておくことは可能ですが、あまりにも早く取得してしまうと、有効期限が少なくなってくるので注意が必要です。

OCNモバイルONEでMNPの手続きを行う

OCNモバイルONEヘMNP申し込みするために必要なものは以下の通りです。

  • クレジットカード
  • 本人確認書類データ(運転免許証、パスポート、健康保険証等)
  • アクティベーションコード
  • MNP予約番号

申し込みはこちらから行えます。
音声対応SIM ご利用の流れ – OCN モバイル ONE – | OCN モバイル ONE

申し込みに必要な項目を埋めていきます。本人確認書類についてもアップロードする必要があります。

OCNモバイルONEへの申し込み
▲本人確認書類のアップロードを済ませると、申し込みが完了します。

申し込んだプランは以下の通りです。

プラン 最大通信速度150Mbps 110MB/日 月額1600円(税抜)
SIMカード 音声 nano SIMカード(MNP)

Nexus 5でもnano SIMを利用出来るように、nano SIM → micro SIM変換アダプターを購入しておきました。(大は小を兼ねるので。)

音声通話が出来なくなる

OCNモバイルONEの音声通話SIMが届くまで
▲7/14(火)の9:31に、080の番号からMNP転入による番号停止・切り替え作業停止のSMSが届きました。

このメールが来てから約4時間半後の7/14(火)午後2時頃に、圏外の表示に切り替わりました。音声通話が出来なくなりました。

音声SIMカードが届く&開通作業を行う(OCNモバイルONEのAPN設定)

OCNモバイルONEの開通方法
▲7/15(水)の午前10時頃、佐川急便で、音声通話SIMが到着しました。

OCNモバイルONEの開通方法
▲こちらが同梱物です。設定方法の用紙と、OCNモバイルONEの音声対応SIMが入っています。

届いたSIMと一緒に、APN設定方法が記載されていましたので、それに従ってNexus 5で設定を行いました。

APN設定項目は以下です。

項目 内容
名前 ocn(任意)
APN LTE端末:lte-d.ocn.ne.jp
3G端末:3g-d-2.ocn.ne.jp
ユーザー名 mobileid@id
パスワード mobile
認証タイプ CHAP(推奨)
PAP

詳しい設定手順については以下の記事をご覧下さい。
関連OCNモバイルONEでのAPN設定方法(Nexus 5版)

Nexus 5でOCNモバイルONEのAPN設定をする方法
▲設定したアクセスポイント(OCN)を選択し、Wi-Fiを切った状態で通信出来る事が確認出来ました。

通話についても確認出来ました。

OCNモバイルONEへ即日MNPも可能

今回のように、Web上で手続きすると、音声対応SIMの到着を待つ必要があるので、通話出来ない期間が多少発生してしまうことになります。

ただ、即日MNPを行っている場所もあります。

頻繁に電話をかける事が多い人は、即日MNP店舗を利用するという方法もあります。

ヨドバシAkibaをはじめとした全国13店舗に即日受渡カウンターがあります。(2015年7月12日現在)
参考音声対応SIMカード即日受渡カウンター / OCN モバイル ONE

まとめ

SoftBankからOCNモバイルONEヘMNPが完了しました。

今回MNPした際の流れについて、時系列順でまとめておきます。

内容 日時
7/9(木)朝(夜) 音声通話SIMパッケージを購入(到着)
7/12(日)午後3時 SoftBankでMNP予約番号を受け取る
7/12(日)午後5時 OCNモバイルでMNPの予約を申し込む
7/14(火)午前9時半 これからMNP転入による番号停止・切り替え作業を行うというSMSが届く
7/14(火)午後2時 音声通話が出来なくなる
7/15(水)午前10時 音声通話SIMカードが届く&開通作業

MNPにかかった日数を「SoftBankでMNP予約番号を受け取る」〜「開通作業」とすれば、3日で完了しました。(パッケージの購入はいつでも良いので日数に含めていません。)

また、音声通話が出来なくなっていた時間は、7/14(火)午後2時〜7/15(水)午前11時頃の21時間です。短かったという印象です。

関東に住んでいると、音声が不通になってからSIMが到着するまでの日数がおよそ1日と短めですが、関東以外に住んでいると、2日以上かかる事もあるようです。

OCN モバイル ONE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 三森義崇 より:

    質問です。
    ocnモバイルoneのホームページには、
    動作確認端末はdocomoのスマホか、simフリーの端末と書いてありますが、
    softbankの端末でも作動したということでしょうか?

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。