シンガポールのガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(植物園)を”体験”

   2017/05/18

マリーナベイサンズの57階にある屋上プールを満喫したところで、続いてホテルからすぐのところにある植物園「ガーデンズバイザベイ」へと向かいました。

ガーデンズバイザベイは2012年6月に開業した植物園です。

スポンサーリンク

マリーナベイサンズからガーデンズバイザベイへ

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲マリーナベイサンズからガーデンズバイザベイへと向かいます。

徒歩5分程です。

巨大な植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの見学場所としては、大きく分けて3箇所あります。

  • クラウド・フォレスト(山岳気候)
  • フラワー・ドーム(地中海性気候)
  • OCBCスカイウェイ(高さ22 mの吊り橋)

赤文字の2つの施設は共通の入場券となっており、入場料は大人でS$28、子供でS$18です。(どちらか一方だけに入場する場合でもS$28必要です。)

お得クラウド・フォレストフラワー・ドームの共通券は、こちらのページから、通常価格の20%OFFで事前購入できます。

一方、OCBCスカイウェイは、大人子供共にS$5です。

まずはクラウド・フォレスト(Cloud Forest)に入場してみます。

クラウド・フォレスト

クラウド・フォレスト(Cloud Forest) では、海抜2,000 m以上の低温多湿な気候で生息する植物が再現されています。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲クラウド・フォレストに入場するとまず出迎えてくれるのが35mの巨大な人工の滝です。水しぶきが心地いい。

カメラが水しぶきで濡れることを心配したほうが良いでしょう。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲各階から激しく水が落ちています。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲上を見上げると天空の道が続いています。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲こちらは綺麗な植物です。。。と思いきや

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲綺麗なしょくぶ…

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲ってLEGOブロックで出来た植物でした。

よくできています。遠くからみたら全く判別がつかない。。。

ちょっとした遊び心もある植物園。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲上へ行くにはエレベーターを使用するのですが、

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲エレベーター乗り場の近くには鍾乳洞がそびえ立っていました。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲CLOUD FORESTの魅力の1つといえば、「CLOUD」。空中散歩できる点が魅力ですが、下を見ると幸せになれません。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲ドームは透明になっているので、外の景色も楽しむ事ができます。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲滝の裏は撮影スポット。マリーナベイサンズをバックに。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲Cloud Forestの全体像がよくわかる図。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲こちらはCLOUD WALK。最上階の庭園。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲フラミンゴ・リリー(FLAMINGO LILY)。確かにフラミンゴの形に似ている!

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲ツツジ科のビレイア(VIREYA)

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲ローズグレープ(Rose Grape)

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」

営業時間 午前9時〜午後9時(チケット最終販売は〜午後8時、最終入場は〜午後8時30分)
大人 S$28(クラウド・フォレストと共通)
子供 S$18(クラウド・フォレストと共通)

公式ページ:Cloud Forest

フラワー・ドーム

続いてフラワー・ドームへと向かいました。

こちらでは、地中海性気候・半砂漠地帯に生息する約500種類以上の植物が観察できます。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲フラワーパーク入り口です。中国の旧正月を祝っているようです。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲ミニサボテンかわいいですね。

「フラワー」・ドームだけあって、クラウド・フォレストよりはカラフルで綺麗でした。

営業時間 午前9時〜午後9時(チケット最終販売は〜午後8時、最終入場は〜午後8時30分)
大人 S$28(クラウド・フォレストと共通)
子供 S$18(クラウド・フォレストと共通)
お得クラウド・フォレストフラワー・ドームの共通券は、こちらのページから、通常価格の20%OFFで事前購入できます。

公式ページ:Flower Dome

OCBCスカイウェイ

続いて、OCBCスカイウェイへ向かいました。
シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」

天候が悪いと散歩できない場合があります。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲こちらの吊り橋を歩く事が出来ます。追加料金S$5が必要です。

付近の受付でS$5を支払い、エレベーターで上へと登ります。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲到着すると視界が開けます。高さは22 m。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲この道を歩いていけるんですね。結構危ないです。手すりを乗り越えてしまったら落ちてしまいます。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲シンガポールフライヤーとフラワードームが見えます。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲ベストポジションからマリーナベイサンズをパシャリ。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲下を向くと幸せになれません。

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲空中散歩から帰ってきました。スカイウェイはちょっぴり怖いですが、

シンガポールの植物園「ガーデンズバイザベイ」
▲ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに来たら歩いておきたいスポットの1つです。橋からの眺めは綺麗です。

営業時間 午前9時〜午後9時(チケット最終販売は〜午後8時。最終入場は〜午後8時30分)
大人 S$5
子供 S$3
シニア(60歳以上) S$3

公式ページ:OCBC Skyway

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは単に植物を見る事が出来る所ではなく、「体感する」といったアトラクション的な施設だと思いました。

お得クラウド・フォレストフラワー・ドームの共通券は、こちらのページから、通常価格の20%OFFで事前購入できます。

次は夜だけオープンしている「ナイトサファリ」へと向かいました。



関連記事

ネット通信に関して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。