チャンギ国際空港でフリーWi-Fi「Wireless@SG」に接続する方法

   2015/09/27

今回のシンガポール旅行では、現地キャリアのプリペイドSIM(M1)を購入して、SIMフリースマートフォンのNexus5に入れて、テザリングをしてiPhoneで使用していました。

他に海外で通信手段を確保する方法としては

  • キャリアの国際ローミングサービスを使用する
  • 現地で利用できるモバイルWi-Fiルーターをレンタルする

などがありますが、特定の場所でフリーWi-Fiを利用するという手段もあります。

フリーWi-Fiとしては、シンガポールのチャンギ国際空港で利用できる「Wireless@SG」があります。

帰りの飛行機に乗り遅れないように、チャンギ国際空港には割と早く到着するようにして、空港で過ごす時間が長いと言えます。

そこで今回は、シンガポールのチャンギ国際空港で利用できるフリーWi-Fi「Wireless@SG」の使い方・接続方法について紹介します。

スポンサーリンク

チャンギ国際空港でフリーWi-Fi「Wireless@SG」を利用する方法

チャンギ国際空港でフリーWi-Fi「Wireless@SG」を利用する大まかな手順は以下の通りです。

  • チャンギ国際空港のインフォメーションカウンターでユーザー名とパスワードが記載された紙を貰う
  • 手持ちのデバイスで「Wireless@SG」に接続
  • ユーザー名とパスワードを入力
  • ネット通信可能

それでは具体的にその手順を説明します。

インフォメーションカウンターで紙を貰う

チャンギ国際空港のインフォメーションカウンター
▲まず、チャンギ国際空港到着ロビー(1階)のインフォメーションカウンターで、フリーWi-Fiを利用したい旨を伝えると、以下のような紙を貰いました。

チャンギ国際空港のwifi
▲紙には、サービスプロバイダー/ユーザー名/パスワードが書かれています。

ユーザー名とパスワードは6時間有効のようです。6時間経過すると無効になるようです。ただし確認は出来ていません。

手持ちのデバイスで「Wireless@SG」に接続

続いて、手持ちのデバイスで「Wireless@SG」に接続します。

今回は、iPhone 5sで確認しました。

チャンギ国際空港WiFi利用方法
▲iPhoneの設定→Wi-Fiから「Wireless@SG」を選択して、SafariなどのWebブラウザを起動すると(左)、右のような画面が開きます。そして、キャリア名/ユーザー名/パスワードを入力して「Login」をタップします。ユーザー名の「cag」は入力する際に忘れがちなので注意しましょう。(右)。

チャンギ国際空港WiFi利用方法
▲ログインに成功すると、ご覧のような画面になります。あとはWebサーフィンを楽しむ事が出来ます。

ちなみに通信速度に関してですが、出発ロビーで測定してみた所、結構遅かったです。場所が悪かった可能性もありますので、その点は注意が必要です。

以上、シンガポールのチャンギ国際空港で利用できるフリーWi-Fi「Wireless@SG」の接続方法についてでした。



関連記事

ネット通信に関して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。