観光は、ダラダラなくらいが丁度いい

 

観光するとなると、どうしても効率よく回りたいと考えてしまいます。

しかし、私の場合は効率的に回りすぎると、オーバーペースによって体調不良になりやすいです。

そのため、観光の際には色々と気を使う必要があります。

旅行の際に心がけるようにしているのは、観光は、ダラダラなくらいが丁度いいということです。

スポンサーリンク

観光は、ダラダラなくらいが丁度いい

食べると眠くなる

観光の楽しみの1つである食事。

昼食で名物を食べることはあると思いますが、食事後は眠くなります。

そのまま休憩せずに出発すると、自分の場合は気持ち悪くなったり頭痛がしてきます。

「早く観光したい!」という気持ちを抑えて、食後は30分後くらいは安静にしておくというのが自分にとっては必要です。

休憩せずに出発してその後体調を崩してしまっては、元も子もありません。

余裕を持った楽しみ方ができない

旅行に行く前は、計画を立てるのが一般的です。

各観光スポットでは何分過ごすか?というのを事前に決めて、全体像を決めています。

この時に、「時間的に巡ることが可能か?」だけを考えてプランを立ててしまうと、途中で不都合が生じてしまうことがあります。

想定よりも面白いスポットであった場合、「もう時間だからいかなきゃ」と判断しなければいけません。

ゆとりを持ったプランにしておけば、あるスポットで長い時間を使いたくなっても対応できます。

結果的に「グダグダしすぎたなー」という旅でもいいと割り切っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。