ガツンとしょっぱい!熱中症対策に塩飴(熱中飴)がオススメ

   2015/06/05

今年は早くも真夏日がお目見えしています。

熱中症のニュースも報じられるようになりました。

熱中症対策は毎夏の課題です。

熱中症対策として有効なのが、

  • 水分補給
  • 塩分補給

です。

水分補給は割と対策しやすいのですが、課題なのは塩分補給です。

スポーツドリンクがあれば良いのですが、水しかないときには塩分を補給出来ません。

だからといって、塩を持ち歩くのは一般的ではありません。

そこでおすすめなのが、塩飴の持ち歩きです。

スポンサーリンク

熱中症対策にオススメの塩飴(熱中飴)

熱中飴
▲熱中症対策として購入したのが、こちらの塩飴(梅味)10袋(1 kg)です。箱に10袋入った形で届きました。

熱中飴
▲袋はチャック式なので、持ち運ぶときに便利です。鞄の中で飴がバラバラになるのを防げます。

1袋だと約20個入っていて、重さは約100 g。多すぎると思えば、10個だけ入れて持っていっても良し。

熱中飴
▲肝心の味ですが、しょっぱい中にも甘さがあります。

そして何より塩飴が美味しい!というのは大切なポイントです。

美味しいので熱中症になりにくいです。

私はクセになったので、もう4回目位の購入です。

毎夏購入しています。

体液中の塩分濃度が約0.1〜0.2 %なので、1 Lの水分補給に対して、1〜2 gの塩分を補給すればいい計算となります。

塩飴1粒あたりの食塩換算は、約0.3 g(日本食品分析センター調べ)なので、1Lの水分補給に対して、塩飴4〜6粒が目安になります。

まとめ

熱中症対策には1に水分、2に塩分です。

美味しく塩分補給が出来る塩飴は、私にとって夏の必需品となっています。もう4回目くらいの購入でリピーターです。

この塩飴はAmazonや楽天では10袋単位でしか販売されていないので、1袋単位で購入出来ない点は、初めて購入する際には心配な点であると言えます。

本当は1袋でも販売されているといいのですが。(近所のスーパーではそもそも販売されているのを見た事がありません。)

熱中症は怖いので、対策は欠かせません。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。