古いApple IDのままiCloudサインアウトできない場合の対処法

   2015/10/05

以前にApple IDを変更しました。
関連【iPhone】キャリアメールがApple IDだったのでMNPする前に変更

iPadも所持しているので、iPad側では古いApple IDでiCloudなどにログインしたままでした。

先日、iPadをiOS 9へとアップデートする前にiCloudバックアップを行おうとしたところ、古いApple IDでログインしたままであることにやっと気づきました。

そこで、一度サインアウトして新しいApple IDでログインしようとしたところ、まず古いApple IDでiCloudのサインアウトができませんでした。

そのような場合の対処法を、以下のAppleのページを参考に紹介してみます。
参考iCloud からサインアウトしようとすると、以前の Apple ID のパスワードの入力を求められる – Apple サポート

スポンサーリンク

古いApple IDから新しいApple IDでiCloudにサインインするまでの流れ

状況の整理を行います。

現在利用しているApple ID→現在のApple ID
以前利用していたApple ID→古いApple ID

と表記することにします。

具体的な手順の流れとしては、

  1. 現在のApple IDから古いApple IDに変更
  2. サインアウト
  3. 古いApple IDから現在のApple IDに変更
  4. 現在のApple IDでログイン

です。

一度古いApple IDに戻すのがポイントです。

古いApple IDは現在有効なものでなくても問題ありませんでした。(MNPしている場合、キャリアのメールは既に失っている)

その方法を紹介します。

古いApple IDから新しいApple IDでiCloudにサインインする方法

現在のApple IDから古いApple IDに変更

150710_apple_id_change_01
Apple – My Apple IDから「Apple IDを管理」を選択します。

appleid変更
▲Apple IDとメールアドレスから編集を選択し、現在のApple IDから古いApple IDへと変更しました。

古いApple IDは既に利用できなくなっていますが、認証する必要はありません。

サインアウト

Tweetbot4
古いApple IDに変更したあと、iCloudからサインアウトします。(サインアウトできました。)

古いApple IDから現在のApple IDに変更

apple idの変更方法
▲その後、再びApple – My Apple IDからApple IDとメールアドレスの「編集」を選択して現在のApple IDに変更します。

現在のApple IDでログイン

古いApple ID
▲最後に、iCloudに現在のApple IDでログインしました。これで古いApple IDから新しいApple IDに切り替えられました。

まとめ

古いApple IDと新しいApple IDを一時的に切り替えることで対処することができました。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。