音声通話SIM「OCNモバイルONE」を選んだポイント

   2015/12/14

先日、ソフトバンクを解約してOCNモバイルONEヘMNP転入しました。
関連SoftBankからOCNモバイルONEにMNP転出した手順

今回は、音声通話SIMの中で「OCNモバイルONE」を選んだポイントについて書いてみます。

スポンサーリンク

音声通話SIMの中で「OCNモバイルONE」を選んだポイント

音声通話SIMといっても、MVNO業者の様々な格安SIMが展開されています。

その中でも「OCNモバイルONE」を選んだポイントを挙げてみます。

  • 最低利用期間が6ヶ月と短い
  • 050plusで通話料を安く抑える事が可能
  • コースは毎月1回無料で変更可能
  • 通信量確認用専用アプリあり
  • 音声通話プランは月々1,600円から

最低利用期間が6ヶ月と短い

OCNモバイルONEの音声通話SIMの最低利用期間は6ヶ月と短いです。

大手携帯会社3社(NTTドコモ・au・ソフトバンク)は、基本的に2年縛りのプランです。

2年以内に解約する場合には契約解除料がかかっていました。

さらには、2年経った後に再び契約を更新すると、また2年後まで契約が延長してしまい、途中で解約する場合には契約解除料がかかります。

契約解除料がかからない月が2年毎に1ヶ月しかありません。

対照的に、格安SIM業界では一般的に最低利用期間は短めです。

その中でもOCNモバイルONEでは、6ヶ月という短さが際立っています。

利用開始月から6ヶ月経った後は、いつ解約しても契約解除料はかかりません。

格安SIM業界は値段・サービスの改訂がまだまだ激しいですから、他社から魅力的なプランが出てきた場合、移動しやすい体制をとっておきたいというのがありました。

なお、OCNモバイルONEの音声通話SIMの場合、利用開始月から6ヶ月以内に解約する場合は、契約解除料として8,000円かかります。

050 plusで通話料を安く抑える事が可能

現在大手携帯会社では、通話し放題の代わりに、月額料金が高めになっています。(〜8,000円)

かけ放題はいらないので月額料金を安く抑えたいというのが正直なところです。

私はそれほど通話をしないので、通話プランに関してはそれほど重視しません。

OCNモバイルONEの場合は、音声通話SIMを契約した場合、050 plusを月額無料で利用することが出来ます。050から始まる電話番号を所持出来ます。(通常は月300円)

050 plusアプリから発信すれば、通話料を格段に安く抑える事が出来ます。

通常、090の電話番号から発信した場合、通話料は30秒20円(税抜)です。

ただし、050plusから発信すると

  • 固定電話の場合は3分8円
  • 携帯電話の場合は1分16円

となります。

基本的に電話をあまりしませんが、するとしても050 plusを利用する事で、通話料を安く抑える事が可能です。

コースは毎月1回無料で変更可能

格安SIMのプランには、幾つかプランがある場合が多いです。

OCNモバイルONEの場合も、5つのプランが用意されています。

初めて格安SIMの検討をしている時にはコースに迷います。

「どれ位の通信量を選んだら良いのだろう?」という疑問が沸き起こります。

各社揃って通信量の目安を提示しているのをよく目にします。(LINE・YouTube・メール・Webサーフィン…)

ただし、本当に通信量が予想通りに収まるのかは心配な所。

OCNモバイルONEでは、これらの心配が軽減される仕組みが用意されています。

それは、「月1回コース変更が可能」であるということです。

例えば、初めて格安SIMを選ぶ場合に、1日110MBのプランを選んだとします。

ただ、利用しているうちに、「やっぱり1日110MBじゃ足りないや」と思えば、ひとつ上のプラン「1日170MBコース」に無料で変更することが可能です。

月1回であれば無料でプランを変更することができるので、最初のプランを選ぶ段階でそれほど深刻に悩む必要がなくなります。

心配を少なくしてOCNモバイルONEのSIMを利用し始められます。

通信量確認用専用アプリあり

通信量確認用アプリが用意されているのは外せません。

今自分がどれ位の通信量を利用しているのかを把握するのは、月々の快適な通信・安い通信料金を維持していくためには重要です。

無計画な使い方をしていると、後々通信制御に悩まされたり、追加の容量を購入するという形で結局割高になってしまう恐れがあります。

OCNモバイルONEには、通信量を確認できるアプリがiPhone版・Android版共に用意されています。
OCN モバイル ONE アプリ
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
AppStoreで詳細をみる

音声通話プランは月々1,600円〜

OCNモバイルONEの音声通話SIMには、5種類のプランが用意されています。

プラン 料金
110MB/日コース 1,600円
170MB/日コース 2,080円
3GB/月コース 1,800円
5GB/月コース 2,150円
500kbpsコース(15GB/月) 2,500円

一番安いコースだと、1日110MBのコースで、月額1,600円からです。

さらに、OCN光に加入していれば、月額200円の割引が効きます。

音声SIMに関しては、1600円からのコースがあるので、他のMVNOの格安SIMと月額料金とも肩を並べています。

その他のポイント

OCNモバイルONEを選ぶ際に、それほど重視しなかったポイントについてもあげておきます。

人によっては、これらのポイントも重要かもしれません。

  • 日毎に通信量が決まっている
  • データ通信量の繰り越しが可能
  • トライアルWi-Fiスポットを無料で利用可能
  • 留守番電話やキャッチホンにも対応
  • Amazonでパッケージの購入が可能

日ごとに高速通信量が決まっている

OCNモバイルONEの特徴としては、1日あたりの高速通信量が決まっているプランがあります。

このプランが一番安かったので、私はこのプランを選びました。

高速通信量が月単位ではなく1日単位で決まっている事で、どんなに通信し過ぎていても、月末でも確実に高速通信できるというメリットがあります。

一方、特定の1日だけ大量に(例:500MB)使いたいという時には低速になってしまうというデメリットが生じます。

データ通信量の繰り越しが可能

サービスが充実している格安SIMでは、データ通信量の繰越が可能となっています。

OCNモバイルONEでも、月ごとの通信量だけでなく、日ごとの通信量もデータ通信量の繰越があります。

1日あたり110MBのプランでは、データ容量を翌日まで繰り越す事が可能です。

丸々使わない日があれば、その翌日は220MB使える計算になります。

使わない日があったとしても、少しは無駄が省けることになります。これは嬉しいサービスです。

トライアルWi-Fiスポットを無料で利用可能

OCNモバイルONEのSIMを申し込んだ人を対象に、2015年9月30日まで、トライアルWi-Fiスポットを無料で利用する事ができます。

申し込みについては、OCNモバイルONEのSIMを申し込んでから10日程度で可能となります。

Wi-Fiスポットでの通信量は、高速通信量に含まれないので、うまく利用する事で月々の高速通信量を消費せずにすみます。

留守番電話やキャッチホンにも対応

大手キャリアで利用できていた留守番電話サービスやキャッチホンも、OCNモバイルONEの音声通話SIMでは対応しています。

留守番電話サービスについては月300円、キャッチホンサービスについては月200円の料金を支払うことで利用可能となっています。

まとめ

MNPするにあたって、OCNモバイルONEの音声通話SIMを選んだ上で重視した項目と理由について書いてきました。

格安SIM業界はどのサービスも似ていてどれにするか迷ってしまいます。

選ぶポイントとしては、自分が何を一番重視するかや会社独自のサービスだと思います。

こうして選んだOCNモバイルONEですが、現在のところ順調に利用できています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。