OCNモバイルONE付属のIP電話「050 plus」の利用方法

   2015/09/06

先日、ソフトバンクiPhone5sを解約して、格安SIMの「OCNモバイルONE」へMNP転出しました。
関連SoftBankからOCNモバイルONEにMNP転出した手順

OCNモバイルONEの音声通話SIMを申し込むと、050 plus(IP電話)を月額基本料無料で利用する事ができます。

付与される050番号から専用のアプリを使って発信した場合、通話料金は固定電話であれば3分8円、携帯電話宛であれば1分16円という魅力的な料金です。

今回は、OCNモバイルONEの音声通話SIM申し込み時に付属のサービス「050 plus」の利用方法・使用感について紹介してみます。

スポンサーリンク

050 plusの利用開始まで

OCNモバイルONEヘ申し込みを行う際に、050 plusへの申し込みを一緒にしていると思います。

OCNモバイルONEのSIMは申し込みから3日程度で届きましたが、050 plusの電話番号とパスワードが記載されたハガキは、OCNモバイルONEへの申し込みから10日前後で届きます。

OCNモバイルONEの050 plus利用方法

▲私の場合ですと、申し込みから6日目に050 plusの申し込みについての案内が届きました。

このハガキには、050の電話番号とパスワードが記載されています。

050 plusアプリの使い方

050 plusを利用するには、専用のアプリが必要です。

iPhoneアプリ・Androidアプリが用意されています。

iPhoneアプリはこちら。

050 plus
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料
AppStoreで詳細をみる

Androidアプリはこちら。

050 plus - 050番号で携帯・固定への通話がおトクrel=050 plus
価格: 無料
Google Play ストアで詳細をみる

ここでは、iPhoneアプリの「050 plus」で説明していきます。

初期設定に関して

OCNモバイルONEの050plus利用方法

▲050 plusアプリを起動したら、「お申し込み済みの方はこちら」をタップして(左)、ハガキに記載されていた050の電話番号とパスワードを入力して「初期設定開始」をタップします(右)。

OCNモバイルONEの050plus利用方法

▲続けるをタップして初期設定を行います(左)。ここで、各種設定用のパスワードを新たに自分で設定して「登録」をタップします(右)。

これで初期設定は完了です。

050 plusでの通話に関して

050 plusでの発信について

050 plusでの電話のかけ方です。

OCNモバイルONEの050plus利用方法

▲左が電話帳画面、右側がキーパッド画面です。どちらからも電話をかける事が出来ます。

050plusの利用方法

▲固定電話に対しては、電話番号を入力して、「IP電話」をタップすることで(左)、電話をかけて通話をする事ができます(右)。

050 plusでの着信について

050plusの利用方法

▲050番号宛に着信があった場合には、左のような画面となります。スライドする事で、応答するか拒否するかを選択出来る画面となります。

ただし、着信があった場合の挙動は、通知項目が「プッシュ通知」か「通常」かで異なります。

050 plusの通知項目「プッシュ通知」と「通常」の違い

  • プッシュ通知
  • 通常

では、使い心地が異なるので注意しなければなりません。

2つの違いを表にまとめてみました。(赤文字はデメリット

着信方法 プッシュ通知 通常
アプリ起動時 着信可 着信可
アプリ不起動時 着信可 着信不可
電池の消費
マナーモードで着信した場合のバイブレーションの挙動 1度しか作動しない
(着信に気づきにくい)
呼び出し中は続く

通知が「通常」だと、アプリ不起動時にはそもそも着信されないという問題点があります。

「通常」で着信を受けるには、常にアプリをバックグラウンドで起動しておく必要があります。その分、電池の消費が早くなります。

一方、プッシュ通知にすると、アプリ不起動時でも着信することは出来ますが、マナーモードで着信した場合、1回しかバイブレーションが作動しないので、着信に気づきにくいです。

常にマナーモードで利用していて、050 plusで着信を受ける予定の人は、かなり気を使う必要があります。

どちらの場合にしても、デメリットがつきものです。

050 plusの通話品質について

050 plusはIP電話なので、通話品質が気になる所です。

通話品質に関してですが、通常の音声より少し悪いとは思いますが、「通話」という観点からすると問題ないように思いました。

また、ネットの評判を見てみると、通話の最中に遅延が1秒くらい発生するというのを見かけましたが、自分の携帯から自宅にかけて確かめてみたところ、遅延はほとんど発生しませんでした。

通話に関しては、それほど難を感じませんでした。

050 plusの通話料金

通常の携帯電話の通話料金は30秒20円です。OCNモバイルONEの音声通話SIMも同様の金額です。

一方、050 plusの通話料金は格段に安いです。

相手先 料金
固定電話 3分8円
携帯電話 1分16円
050 plus 無料

単純計算をすれば、固定電話に対しては、通常料金の93%以上割引(最大)

携帯電話に対しては、通常料金の60%割引(最大)となります。

また、050 plusアプリ同士ならば、時間に関係なく無料です。

さらには、海外渡航先からでも050 plusは利用できます。日本に電話する場合は、日本国内にいる時と同じ通話料です。(パケット代はかかるので海外パケット定額サービスや無料のWi-Fiスポットの利用推奨)

050 plusの月額基本料

050 plusの月額基本料は以下の通りです。

プラン 月額基本料
OCNモバイルONE音声対応SIMを申し込んだ人 無料
OCNモバイルONEデータ通信専用SIM/SMS対応SIMを申し込んだ人 150円
上記以外の人 300円

通常は050 plusサービスを利用するには月に300円かかりますが、OCNモバイルONEのSIMを契約している場合は割引されます。

音声対応SIMを契約している場合は月額基本料が無料、データ通信専用SIM・SMS対応SIMを契約している場合は月額基本料が半額の150円となります。

まとめ

MVNOの格安SIMはどこも似たり寄ったりの料金プランですが、独自サービスによって少しずつ色が変わってきます。

OCNモバイルONEでは、050 plusという同社(NTTコミュニケーションズ)のIP電話サービスを割安で利用できます。

特に、音声通話SIM利用者は月額基本料無料です。

30秒20円と比べると、破格の値段で通話出来るのは大きなメリットです。

ただ、着信関連や通話品質について少し難があるのも事実です。

メリット・デメリットを十分に認識してからの利用が必須です。

データ通信プラン+050 plusという手もありますが、私の感想としては、

  • 発信は050を使う
  • 着信は090・080・070を使う

のように、音声通話SIMとの併用が無難だと思いました。

OCNモバイルONEのデータ通信SIM(又はSMS対応SIM)と050 plusだけでも音声通話は出来るといえば出来ますが、音声通話付きの方が安心感がある印象を持ちました。

公式ページ:050 plus/ NTTコム

関連記事

OCNモバイルONE

MNPする前に

格安SIMの比較

格安SIM料金試算

SIMロック解除アダプタ(SIMロックフリー化)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。