マリーナベイサンズの57階にある屋上プールを満喫

   2015/09/27

前回(【昼食】セントーサ駅近くのSAIGON Xpressでベトナミーズヌードル「Beef Pho(ビーフ・フォー)」を食べた)からの続きです。

セントーサ島でマーライオン像とシーアクアリウムを見終わり、昼食を食べた後、一旦ホテル「マリーナベイサンズ」へと戻りました。

暑くなっていましたし、一旦プールに入る事にしました。

マリーナベイサンズの最上階にあるプールは「Infinity pool(無限プール)」という名称がついています。

このプールは、マリーナベイサンズホテル宿泊者のみ利用できる施設になっています。宿泊費用の他に追加料金は必要ありません。

プールはホテルの最上階 57階にあり、とてつもなく高いプールです。

必要なものは、客室用カードキーのみです。

57階で係の人にカードを渡して認証が済めば、インフィニティプールに入場できます。

スポンサーリンク

マリーナベイサンズの最上階にあるインフィニティプール

マリーナベイサンズの屋上プール
▲エレベーターで57階まであがります。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲上がった先には撮影スポットにもなっています。プールに入らなくてもここで撮影を楽しむ手もあります。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲マリーナベイサンズ名物のインフィニティプールにやってきました。暖かいし(暑いし)見晴らし最高です。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲館内はご覧のようになっており、プールの横にはデッキチェアがあります。

バスタオルは無料で貸し出されており、利用後返却する形になっています。

また、レモン水も配給されています。(無料)

いざ、プールに入ってみると意外と冷たかったです。

気になるのはプールの端。写真で見ると落ちないか心配してしまいますが、実際の所は以下のようになっています。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲プールの端は排水溝になっており、全体的にカーブしています。すげーって感じ。

ちなみにカメラの持ち込みはOKですが、落としたりして水没しないように注意が必要です。プールの中で移動中にカメラは浮かしておく必要があります!

防水カメラや防水ケースに入れたiPhoneで写真を撮影している人もいました。対策はバッチリですね。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲プール端は落ちそうですが排水溝なのでひとまず安心。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲マーライオンパークにある観光スポット「マーライオン像」も、望遠することでプールから確認する事が出来ます。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲高層ビル群も暑そうです。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲プールに入っていると、猛烈な雷が3〜4回聞こえました。後で雨雲レーダーで確認してみたところ、マリーナベイサンズ周辺には雨雲はなく、写真奥の方で大雨(スコール)が降っているようでした。写真中央付近は若干かすんでいるのが分かると思います。

ただし、マリーナベイサンズ付近にも雷雲が近づいてきた場合は、監視員からの笛が鳴り、プールから出るようにとの指示が出るようです。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲反対側も見る事が出来ます。海側を見てみると、植物園(ガーデンズバイザベイ)を見渡せます。

インフィニティプールから見る夜景も最高

インフィニティプールは午前6時から午後11時までオープンしています。

夜景を見るために、午前6時からプールへと足を運びました。シンガポールの日の出は今の時期(3月上旬)だと午前7:10頃です。

そのため、午前6時頃だとまだ暗いんですね。夜景を撮影するには適している時間帯と言えます。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲午前6時のプールサイド。絶景だ!ただ、太陽が出ていないので結構寒いです。客室に備え付けのバスローブなど、羽織ものは持っていった方がいいでしょう。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲まだ午前6時なので、プールを利用する人はそれほどいませんでした。全く0というわけではなく、10数名はいました。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲午前6時頃の高層ビル群。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲高層ビル群パート2。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲ライトアップされているマーライオンパークのマーライオン像も朝から快調に水しぶきをあげていました。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲それほど人が入っている印象はありません。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲道路が黄色く見えていて綺麗です。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲反対側からは、海に停泊している船が無数に見えます。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲天気がよければ朝日が昇る瞬間を見る事が出来るでしょう。ちなみに今回は結構曇っていたので、隙間からちょこっと見えるのみにとどまりました。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲上を見上げると夜明け。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲だいぶ夜も明けてきました。午前6:40頃です。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲プールの反対側にはジャグジーがあります。朝は結構寒いので、冷えた身体を温めるのに活躍します。

マリーナベイサンズの屋上プール
▲あわあわあわあわ….

マリーナベイサンズの屋上プール
▲ガーデンズバイザベイもバッチリ眼下に。

インフィニティプールの設備などに関して

更衣室

57階のインフィニティプールには更衣室はありません。

ホテルの客室で水着に着替え、客室に備え付けのバスローブを羽織っていくなり、Tシャツを上から着るなりして57階へ向かうというのが一般的です。

57階へ行くにはエレベーターを利用するので、出来るだけ自然な服装でいることが無難ですね。

シャワーについて

インフィニティプール内にシャワーはありません。

シャワーを使いたい場合は、ホテル客室のものを使用します。

プールの深さについて

プールの深さは120 cmのようです。小さなお子さんですと入る事は出来ません。

インフィニティプール子供用
▲ただし、子供用のプールも用意されていました。矢印付近です。こちらだと安心です。

まとめ

というわけで、マリーナベイサンズに宿泊したら、入っておきたい宿泊者専用のインフィニティプールの紹介でした。

昼も夜もオススメです!

続いてはガーデンズバイザベイ(植物園)に向かいました。
続きシンガポールのガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(植物園)を”体験”

マリーナベイサンズホテルを予約する方法

マリーナベイサンズホテルの宿泊費用をできるだけ安く抑えるには、比較が必要です。

トリップアドバイザーでは、各種宿泊予約サイトでの料金を比較することができます。

海外で宿泊する際の予約サイトとして代表的なサイト「Booking.com」や「Agoda」に対応しています。

さらに、宿泊施設の口コミも見ることができるので、宿泊サイトを検討する際に便利なサイトです。

トリップアドバイザーでマリーナ ベイ サンズ (Marina Bay Sands) の情報や口コミを見る

マリーナベイサンズはよく「一生に一度は宿泊したいホテル」の1つとして紹介されている事が多いですが、その通りだと思いました。



関連記事

ネット通信に関して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。