iPhone4Sのバッテリー(電池)を自分で交換する方法

   2016/09/11

最近、1年ほど使用してきたiPhone 5sの電池持ちの悪さが目立つようになってきました。

iPhone 5sの電池の減りが早い対策として、最近iPhone5s用一体型バッテリーを購入しました。

その記事に関しては、こちら→Anker製iPhone 5s用バッテリー内蔵ケースのレビューの記事で書いています。

上記のiPhone 5s用バッテリー内蔵ケースは非常に活躍しているのですが、元々のバッテリーがへたっているので、ケースを使用していても電池の減りが早い印象があります。

iPhone 5sの電池の持ちを根本から解決するには、バッテリーを交換する必要があります。

iPhoneのバッテリーを交換するには

バッテリーを交換する手段としてどういったものがあるかというと、

  • Appleに交換を依頼
  • Apple以外の修理専門店に依頼
  • 自分でバッテリーを交換

という手段があります。

AppleにiPhoneのバッテリー交換を依頼する

AppleでiPhoneのバッテリー交換を依頼する際の概要は、以下のようになっています。

iPhone のバッテリーと電源 – Apple サポート

  • 価格は9,400円
  • 期間は1週間
  • iPhoneに保存されているデータは削除される(事前にバックアップをとっておく必要有り)

なお、iPhone 5の場合は、バッテリーに不具合がある事が報告されており、無償交換対象となる可能性があります。

詳しくは、こちらのページ→iPhone 5 バッテリー交換プログラム – Apple サポートをご覧下さい。

ソフトバンクiPhoneの場合の保証について

私のiPhoneはソフトバンクで購入したものです。

ソフトバンクで購入したiPhoneの場合、以下に当てはまる場合は修理費用が保証されます。

  • 購入後1年以内
  • Apple Care+保証期間内

上記の場合だと、点検をした際に電池容量が初期容量の50%以下になっていれば、無料で交換する事が出来ます。

  • 上記項目に当てはまる且つ点検の結果50%以上
  • 上記項目以外

ですと、バッテリー交換費用は9,400円かかります。

【関連】[iPhone/iPad]電池の減りが早くなってきました。交換費用を教えてください。 | ソフトバンクモバイル

Apple以外の修理専門店にiPhoneのバッテリー交換を依頼する

Apple以外のiPhone修理専門店を調べてみました。いくつか紹介しておきます。

ざっくりまとめますと、

  • 価格は約5000円〜8000円(機種による)
  • 最短1時間ほど(持ち込みの場合)
  • iPhoneに保存されているデータは残る

最新機種の方が価格が高くなっています。

自分でiPhoneのバッテリー交換を行う

  • 価格は約1500円〜2000円
  • 部品が届けば修理時間は30分〜1時間
  • iPhoneに保存されているデータは残る

以上をまとめると、以下のようになります。

Apple Apple以外の業者 自分
費用 約9000円 約5000円〜8000円 約1500円〜2000円
修理期間 約1週間 1時間〜1週間 30分〜1時間
データ 残らない 残る 残る

Appleでバッテリーを交換すると、大きな出費と時間がかかります。

また、データも消えてしまうので、再び使用する時にはバックアップからの復元という形をとることになります。

一方、自分でバッテリーを交換するのは費用も抑えられますし、データも残るので魅力的な選択肢です。

しかし、いきなりメインで使用している端末「iPhone 5s」を自分で修理するのはリスクが大きかったので、まずは、基本的に使わなくなったiPhone 4sのバッテリーを交換する事にしました。

交換にかかった費用は、

  • バッテリー990円
  • iPhone4s用分解工具セット520円

の1510円です。

1510円でiPhone 4Sがバリバリ復活します。

Appleにバッテリーを交換する時の約1/6の料金で出来ました。

利用できなくなったら自己責任という面はありますが、しっかりと手順通りに行えばそんなに難しくない交換作業でした。

今回は、iPhone 4Sのバッテリーを自分で交換した方法について、写真を交えて解説していきます。

スポンサーリンク

iPhone 4Sのバッテリーを自分で交換するために用意したツール

iPhone 4Sのバッテリーを自分で交換するために用意したツールは、

です。

iPhone 4Sのバッテリーは、Amazon経由(iFactory)で購入しました。

iPhoneのバッテリーは、Amazonを見てみると、様々な店舗から販売されています。

そんな中、i-Factory 富山県砺波市のiPhone修理・カスタム専門店 iFactoryは実際にiPhoneを修理している店舗であり、Amazonのレビューを見る限り良さそうでした。

i-Factory | iPhone修理ならi-Factory。新宿を中心にサポート致します。
富山県砺波市のiPhone修理・カスタム専門店 iFactory

訂正i-Factoryではなく、iFactoryでした。修正致しました。(2015年6月23日)

また、初期不良があったとしても、素早い交換対応or返金対応がされているようなのが決め手で選びました。

また、iPhone 4Sの分解工具セットも、Amazon経由(iFactory)で購入しました。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲こちらが購入したiPhone 4S用バッテリー交換・分解工具セットです。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲そしてこちらが別途購入したiPhone 4S用のバッテリーです。分解工具セットと一緒に注文したのでメール便で一緒の封筒で到着しました。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲こちらが箱の中に入っていたiPhone 4Sのバッテリーです。

iPhoneのバッテリーを自分で交換する前に確認しておくこと

iPhoneのバックアップ

iPhoneのバッテリーを交換する際、必ず成功する保証はありません。

うまくいかなかったとしても、自己責任です。大切なデータがある場合は、バッテリーを交換する前に、iPhoneのバックアップをとっておく事をオススメします。

分解方法を把握する

バッテリーを交換する前に、どのような作業をするのかを把握している必要があります。

自分は、こちらの動画を事前に見ましたし、作業中にも何度も再生しました。静止画よりも圧倒的にわかりやすいです。注意する点も明確です。

SIMの取り出し

作業前に、念のためにSIMを取り外しておきます。

自分の場合は、既にiPhone 4S用SoftbankのSIMが利用できない状態となっているので正直使わないのですが、人によってはまだまだ現役のSIMの人もいるかと思います。

そういった場合は、事前にSIMを取り外しましょう。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲SIMを取り出すためのピンは、iPhoneが入っていた箱に同梱されています。iPhone 4Sの右側面の穴にピンを入れると、SIMの取り出し皿が手前に飛び出してきます。

iPhone 4Sのバッテリーを自分で交換する方法
▲SoftbankのSIMを取り出す事が出来ました。SIMだけ取り外して、再び取り出し皿は入れ直しました。

iPhone 4sのバッテリーを自分で交換する方法

ここからいよいよ、実際にiPhone 4Sのバッテリーを交換する作業に入っていきます。

流れとしては、

  • バックパネルを取り外す
  • バッテリーの固定を解除する
  • バッテリーを取り外す
  • 新しいバッテリーを取り付ける
  • 新しいバッテリーを固定する
  • バックパネルを取り付ける

となります。

それでは、具体的な手順を以下に示します。

iPhone 4Sの裏蓋を取り外す

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲まずはDockの左右にある2箇所のネジを星形ドライバーで外します。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲2箇所のネジを取り外す事が出来ました。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲するとiPhone 4Sの裏蓋を上にスライドできます。写真くらいにスライドできたら、持ち上げると裏蓋が外れます。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲裏蓋を外す事が出来ました。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲続いて、iPhoneのバッテリーが固定されている2箇所のネジを+ドライバーで外します。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲1箇所目。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲2箇所目。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲2箇所のネジを+ドライバーで取り外す事が出来ました。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲続いて、部品を右に引っ張ります。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲取り出した部品はこちらになります。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲続いて、ここは気をつける所。マイナスドライバーなどで、銀と黒の境目にマイナスドライバーをはさみ、上に持ち上げます。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲すると、パカッと開きます。開く瞬間少し怖い音がします。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲続いて、バッテリー本体を外します。へらをバッテリー右側面に挿しこみ、テコの原理でバッテリーを剥がしにかかります。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲この位の高さまでいったら

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲テープを持って、手前に引っ張ります。するとバッテリーがはがれます。(テープは取れません。)

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲バッテリーが外れました!

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲バッテリーと本体の分離に成功しました。続いて、購入したバッテリーを取り付ける作業に入ります。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲購入したバッテリーの登場です。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲購入したバッテリーを①ぱちっと固定して、②バッテリーを収納します。この時、バッテリーを出来るだけ左に寄せるように意識します。(でないと、バッテリーが右にはみ出してフタが閉まらない可能性がある)

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲そして小さな部品をピンセットでつまみ、

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲先ほどと逆の方向へ挿し込みます。ネジの穴が一致するように挿し込みます。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲出来ました。続いて、プラスドライバーでネジを2箇所固定していきます。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲1箇所目。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲2箇所目。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲プラスドライバーでネジを2箇所閉める事が出来ました。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲後は簡単です。裏蓋をご覧のようにかぶせてから、右にスライドします。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲閉まりました!

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲最後に、星形ドライバーで2箇所ネジを閉める事でバッテリーの交換は終了です。

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲iPhone 4Sのバッテリー交換完了!!

iPhone 4Sのバッテリーを交換する前後での電池の持ちの変化

以前は、放っておくと2〜3日で電池がなくなっていました。

しかし、現在1日放っておいても減るのはせいぜい10%なので、充分持つようになりました。

また、電池が100%の状態から、Twitterアプリ「Tweetbot」をWi-Fi環境下でタイムラインを自動更新しっぱなしにして比較してみた所

  • 交換前は約3時間50分で切れる
  • 交換後は約6時間で切れる

という結果になりました。

確実に電池容量が変わった事がわかります。

先日、急遽iPhone 5sが再起動ループになって1日ほど使い物にならなくなりましたが(iPhone 5sの電源が切れない&ロック画面→再起動ループ発生)、この時には通常の電池の減りで助かりました。(以前ならば電池がなくなっていた)

サクサク度合いはiPhone 5sには負けますが、十分使えるレベルでした。

まとめ

iPhone4sのバッテリーを自分で交換する方法
▲今回、iPhone 4sのバッテリー修理のために利用した器具の全てはこちらになります。左から

  • 星形ドライバー
  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー
  • へら
  • ピンセット

です。

初めてiPhoneの電池を交換してみましたが、案外簡単にできるものでした。

自分で交換する事で、費用を安く抑えられる所が良いですね。かかった料金は合わせて約1,500円でした。

次はiPhone 5sの交換をするか、迷っています。iPhone 5sだと、Touch IDセンサーがあるので、若干難易度があがるようです。

以上、iPhone 4Sのバッテリーを自分で交換した方法についての紹介記事でした。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. てつや より:

    Amazonでパーツを販売されているのは、新宿の「i-Factory」さんではなく富山県の「iFactory」さんです。
    全く別の会社のようですよ。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。