【iOS 8.3】消えた自分のフォトストリームを復活させる方法

   2015/06/26

先日、手持ちのiPhone 5sをiOS 8.3へとアップデートしました。→iPhone5sをiOS 8.3にアップデート完了

この際、iCloudフォトライブライリを使うかと問われたので「はい」と選択しました。

すると、純正写真アプリにあった「自分のフォトストリーム」が消えました。

「自分のフォトストリーム」には、iOS端末(iPhoneやiPad)で撮影した最新写真1000枚が保存されていました。

iPadやiPad miniで撮影した写真をiPhoneの「自分のフォトストリーム」から確認&加工して利用することがあるので、地味に困りました。

そこで今回は、「iCloudフォトライブライリを使用」する事によって消えた「自分のフォトストリーム」を復活させる方法について紹介します。

スポンサーリンク

自分のフォトストリームが消えた原因

いつも使用していた自分のフォトストリームが消えた原因は、iCloudフォトライブラリを有効にしたことです。

実は、iOS 8.3へとアップデートした後、iCloudフォトライブラリを使用するか?という画面が表示されました。(iOS 8.1からもβ版として提供されていました。)

iCloudフォトライブラリ
▲ここで「iCloudフォトライブラリを使用」としたため

iCloudフォトライブラリ
▲従来あった「自分のフォトストリーム」&「カメラロール」がなくなり、「すべての写真」に置き換わりました。

消えた自分のフォトストリームを復活させる方法

そこで消えた自分のフォトストリームを復活させる方法ですが、以下で紹介します。(参考:iCloud フォトライブラリ (ベータ版) についてよくお問い合わせいただく質問 (FAQ) – Apple サポート

消えたフォトストリームを復活させる方法
▲iPhoneの設定アプリを開き、iCloud→写真と進みます。

消えたフォトストリームを復活させる方法
▲そしてiCloudフォトライブラリをオフ(緑→白)にします。これで操作は以上です。

消えたフォトストリームを復活させる方法
▲再びカメラロールを開いてみると、「自分のフォトストリーム」・「カメラロール」が表示されています。

確認の意味で試しにiPad miniで撮影してみましたが、iPhoneのフォトストリームにも表示される事を確認しました。

これで今まで通りの使用感でブログで使用する画像を加工する事が出来ます。

なお、iCloudフォトライブラリと自分のフォトストリームの使い分けについてですが、それぞれの利点欠点があります。別記事でまとめてみました。私は「自分のフォトストリーム」を利用する事にしました。→iCloudフォトライブラリと自分のフォトストリームの違いについて

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。