Gush2カスタマイズ ファビコンを設定する方法

   2015/04/24

なしめやブログでは現在、Gush2というテーマを使用しています。

gush2_favicon_setting
▲ファビコンとは、ウェブサイトを開いた際のタブの左側に表示されるマークの事です。この画面では、Gush2のデフォルトのファビコン「g」が表示されています。

これを、自分で指定したものに変更したいですね。

たとえば、タブを沢山開いている場合には、タブにはサイト名が表示されず、ファビコンだけが表示される事もあります。

そんな時に、区別がつくという利点があります。

スポンサーリンク

Gush2でファビコンを任意の画像に変更する方法

さて、まずファビコンとして使用したいファイルを用意します。

gush2_favicon_setting
▲ここでは、favicon2.icoというファル名のファビコンファイルを作成しました。拡張子はicoです。

そして、このfavicon2.icoをFTP経由でアップロードしました。

アップロードには、MacアプリのCyberduckを使用しました。

gush2_favicon_setting
▲/nasimeyablog.com/public_html/wp-content/themes/gush2/imagesのフォルダにアップロードします。このフォルダの中に入っている「favicon.ico」は、デフォルトで指定されているファビコンです。

gush2_favicon_setting
▲favicon2.icoをアップロードしました。

gush2_favicon_setting
▲続いて、header.phpの中身を1文字修正します。ファビコンファイルが指定されている「favicon.ico」の文字を、

gush2_favicon_setting
▲favicon2.icoに変更し、ファイルを更新します。

gush2_favicon_setting
▲すると、ブログを見てみると、確かにファビコンが指定したものになりました。

gush2_favicon_setting
▲これでタブが縮小されていても自分のブログがどのタブだか一目瞭然です。

以上、WordPressテーマ「Gush2」のファビコンを任意のものに設定する方法でした。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。