Googleの2段階認証方法をiPhoneアプリ「Google Authenticator」に切り替えた

   2015/08/09

今までGoogleのサービスへログインする際は、セキュリティの面から2段階認証を利用していました。

2段階認証する方法としては、携帯のメールアドレス(〜@i.softbank.jp)に認証コードを送信する形を取っていました。

しかし、先日ソフトバンクから格安SIMの「OCNモバイルONE」へMNPで乗り換えました。
関連SoftBankからOCNモバイルONEにMNP転出した手順

そのため、今まで認証用に利用していたアドレス(〜@i.softbank.jp)を利用できなくなりました。

2段階認証を継続するために、Google認証システムアプリ(Google Authenticator)を利用することにしました。

そこで、2段階認証の方法を携帯メール通知からGoogle Authenticatorのアプリ認証に変更しました。

スポンサーリンク

Google Authenticatorによる認証方法

Google Authenticatorを使えるようにする

Googleの2段階認証プロセスページのメインのコード受け取り方法を、「Google認証システムアプリ」に変更します。

Google認証システムアプリとしては、「Google Authenticator」というiPhoneアプリを使用します。
Google Authenticator
価格: 無料
AppStoreで詳細をみる

Google Authenticatorによる認証に切り替える際には、最初に連携作業が必要となります。

googleの2段階認証
Google 2 段階認証プロセスから、確認コードを「アプリに切り替え」ます。

googleの2段階認証
▲任意の電話の種類を選択します。ここではiPhoneを選択します。

googleの2段階認証
▲すると、認証設定にうつります。バーコードが表示されるので、Google AuthenticatorのiPhoneアプリで読み取ります。

googleの2段階認証
▲Google Authenticatorを起動し、「バーコードでスキャン」を選択し、表示されたバーコードを読み取ります。

googleの2段階認証
▲表示されたコードを入力すると、認証設定が完了します。

google authenticatorの使い方
▲確認コードを、iPhoneアプリに切り替えることが出来ました。

Google Authenticatorによるログイン

Googleに紐付いているアプリ(ここではAnalytics Tiles Appで説明します。)にログインしてみます。

googleの2段階認証
▲メールアドレスとパスワードを入力するとコード入力画面になるので、Google Authenticatorを起動します。

google authenticatorの使い方
▲Google Authenticatorを起動したときに表示される6桁の数字をコピーします。(画面をタップするだけでコピーされる仕様になっています。)

コピーされたコードを認証画面で貼り付ければログインができます。

2段階認証の方法を、Google Authenticatorに切り替える事が出来ました。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。