「DataMan Next」iPhoneの月7GB制限を監視する通知センターウィジェットアプリ

   2015/04/25

iPhoneをSoftbankやDocomo、au各社とキャリア契約していれば、月7GB制限というものがまとわりつきます。

Softbankの場合、以下のような記述になっています。

スマ放題のデータ定額パックおよび4G料金プラン、4Gパケット定額サービスをご利用で、毎月ご利用のデータ量が所定量を超えた場合に、請求月末まで通信速度を送受信時最大128Kbpsに低速化いたします。
[4G/4G LTE]通信速度の低速化について教えてください。 | ソフトバンクモバイル

パケットし放題フラット for シンプルスマホの場合は月500MB制限でしたが、基本的に月7GB制限を超過すると、請求月末まで通信速度制限がかけられてしまいます。その速度の遅さは恐ろしいほどです。

月7GB制限付近まで使用している人にとっては、通信量の監視が必須となってきます。

そこで便利なiPhoneアプリが「DataMan Next」です。

DataMan Next : リアルタイムでデータ使用を管理
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥200(記事掲載時点)
バージョン: 8.1
リリース日: 2013/01/18
AppStoreで詳細をみる

このアプリの特徴は、iPhoneの通知センターウィジェットに残りの通信量(%)を表示する事が出来る事です。

個別に「DataMan Next」アプリを起動する必要がなく、通知センターを見ればいいだけなのが便利です。

今回は、iPhoneの残り通信量を監視するのに便利な「DataMan Next」の使い方について紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneの通信量を監視するのに便利な「DataMan Next」の使い方

Dataman Nextのアプリ内設定

dataman next
▲DataMan Nextの基本画面です。

dataman next
▲アプリを起動して左にスワイプすると設定画面が表示されるので、「データプラン」を選択します(左)。そして、データプランを自分のプランに合わせます(右)。

通知センターのウィジェット登録設定

続いて、通知センターのウィジェットにDataMan Nextを登録します。

dataman next
▲通知センターを開いて、編集をタップし(左)、DataManを追加します(右)。

dataman next
▲そして、右上の完了をタップすると(左)、残りの容量が%で表示されます。

まとめ

最初にアプリ側で自分のプランを入力してしまえば、あとは通知センターから残りの通信量を確認できます。

残りの通信量が少なくなってきたら、注意する事が出来ます。

DataMan Nextの上位版

DataMan Nextのアプリには、上位版のアプリが2つあります。

  • DataMan Pro
  • DataMan Enterprise

上位版では、時間毎や場所毎のデータ使用量・そして、自動エクスポート機能などが用意されています。

ただ、普通に使う分にはDataMan Nextで事足りるでしょう。
DataMan Pro – the smartest way to manage your data usage
カテゴリ: ファイナンス
価格: ¥500(記事掲載時点)
バージョン: 10.0
リリース日: 2014/02/06
AppStoreで詳細をみる

DataMan Enterprise : Track Data Usage In Real-Time
カテゴリ: ビジネス
価格: ¥1,000(記事掲載時点)
バージョン: 3.0
リリース日: 2013/05/17
AppStoreで詳細をみる

以上、iPhoneの月の残り通信量を通知センターのウィジェットに表示できるiPhoneアプリ「DataMan Next」の使い方についての紹介でした。
DataMan Next : リアルタイムでデータ使用を管理
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥200(記事掲載時点)
バージョン: 8.1
リリース日: 2013/01/18
AppStoreで詳細をみる

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。