Jabra ROXWIRELESSにコンプライのイヤホンチップを装着してみた感想

   2015/04/27

Jabra ROXWIRELESSのBluetoothイヤホンを購入しました→JabraのBluetoothイヤホン「ROXWIRELESS」のレビュー

さて、上記記事でも紹介しましたが、Jabra ROXWIRELESSのイヤホンチップの装着感があまり良くありませんでした。

そのため、別のイヤホンチップを探す事にしたのですが、そこで候補に挙がったのが、コンプライのイヤホンチップです。

純正シリコンの約30倍柔らかく、Complyが独自に開発した低反発ポリウレタンを採用しているということで、魅力的なイヤホンチップと感じました。

実際に購入してJabra ROXWIRELESSに装着して使用してみた所、驚くほど装着感が良かったので、コンプライのイヤホンチップについて紹介しようと思います。

スポンサーリンク

コンプライのイヤホンチップ

Jabra ROXWIRELESS用に購入したコンプライのイヤホンチップは以下になります。Amazonで購入しました。

コンプライのイヤホンチップは、

  • 100シリーズ
  • 200シリーズ
  • 400シリーズ
  • 500シリーズ

があります。

Jabra ROXWIRELESSで使用出来るコンプライのイヤホンチップは、トップページコンプライのイヤホンチップで生まれ変わるあなたのイヤホン内のこちらのPDF→コンプライ対応表PDF(2014年7月現在)で確認する事が出来ます。

すると、Jabra ROXWIRELESSは、400シリーズが対応している事がわかります。

400シリーズの中にも3種類あり、

  • T-400
  • Ts-400
  • Tx-400

があります。

それぞれの違いを以下の表にまとめます。

T-400 Ts-400 Tx-400
耳垢ガード
球型フォーム
ウルトラソフト
ピッタリフィット
ノイズアイソレーション
パフォーマンスUP
プラチナ・ブラック・レッド・ブルー ブラック ブラック
サイズ S/M/L S/M/L S/M/L

基本形はT-400で、付加機能としてTs-400とTx-400があります。

Ts-400の特徴としては、イヤホンチップが球形なので、低音が抑えられて高音域の音がよりクリアになるという特徴があります。

一方、Tx-400の特徴としては、音質に影響を与えないフィルターが入る事で、音質を劣化させる原因となる耳垢やチリの侵入を防ぎ、イヤホンの性能を守ることが出来ます。

今回は初めての購入でしたので、まずは基本形からということで、T-400を購入しました。

コンプライのイヤホンチップ「T-400」のレビュー

コンプライのイヤホン
▲こちらが今回購入したコンプライ(COMPLY)の高性能イヤホンチップ 3セット入りです。

コンプライのイヤホン
▲裏面には、T-400シリーズに対応している主要イヤホンが掲載されています。ただし、今回使用したいBluetoothイヤホン「Jabra ROXWIRELESS」は、この表には記載ありませんでした。最新のコンプライ対応表は、先ほども示したようにインターネットから確認する事が出来ます。→コンプライ対応表PDF(2014年7月現在)

コンプライのイヤホン
▲Mサイズのイヤホンチップ3セット入りです。

コンプライのイヤホン
▲イヤホンチップを並べてみました。左側から順に、Jabra ROXWIRELESS付属のイヤーピース、Logitec LBT-AVHP06SEBK付属のイヤーピース、そしてコンプライ T-400です。

コンプライのイヤホン
▲コンプライ T-400を思いっきりつぶしてみました。


▲右側がつぶした後の様子です。相当へこんでいます。柔軟に形状が変化するとも言え、装着した際のフィット感が良い証拠と言えます。


▲さて、Jabra ROXWIRELESSにコンプライ T-400のイヤホンチップを装着してみました。問題なく装着できました。

コンプライのイヤホンチップを装着したJabra ROXWIRELESSの使用感

コンプライのイヤホンチップをJabra ROXWIRELESSに装着すると、耳にしっかりとフィットする感覚があります。

さすが、純正シリコンの30倍の柔らかさを持つ低反発ポリウレタンのイヤホンチップです。外れにくくなりましたし、安定感があります。

耳の中で形状が適切に変化して、耳に余分な圧力がかかりません。長時間聴く場合でも快適さを維持する事が出来ます。

高いですけどこれはハマりますね。

コンプライのイヤホンチップの威力を知りました。

コンプライのイヤホンチップ「T-400」シリーズには、4種類の色が用意されています。

ブラックの他に、プラチナ・レッド・ブルーがあります。

また、イヤホンチップは3ペアと5ペアがありますが、サイズを試したければ1ペアも一応販売されています。

まとめて購入するのが不安であれば、まずは1ペアだけ購入する事が出来ます。

いずれにしても、コンプライのイヤホンチップは高いなりの快適さは十分にあります。これからずっと使用していこうと思います。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。