Google Chrome拡張機能「GetTabInfo」の使い方〜関連記事のリンクをまとめて取得

   2015/05/02

前回、Google Chrome拡張機能「Keyconfig」を使って、ブログの関連記事用のリンクを取得している事を少し書きました。
【関連】Google Chrome拡張機能Keyconfigが使えない時の解決法

関連記事が1つならばそれほどの手間ではないのですが、4個も5個も取得したいとなると、少し話は変わってきます。

4個、5個のリンクを全て開いて、リンク取得して貼付け、リンク取得して貼付け、という作業を行うことになります。

これは結構な作業です。

そこで関連記事をまとめて一気に取得出来るGoogle Chromeの拡張機能「GetTabInfo」というものがありました。

このGetTabInfoを使うと、リンク取得して貼付けという作業を繰り返す事無く、一発で開いているタブのリンクを取得する事が出来ます。

今回は、この「GetTabInfo」の使い方について、具体的に紹介してみます。

スポンサーリンク

Google Chrome拡張機能「GetTabInfo」の使い方

GetTabInfoのインストール方法

GetTabInfoのインストール方法です。

google chrome拡張「GetTabInfo」
GetTabInfo – Chrome ウェブストアから、Google Chromeに追加します。

google chrome拡張「GetTabInfo」
▲確認画面が出るので「追加」を選択します。

google chrome拡張「GetTabInfo」
▲すると、Google Chromeの右上にGetTabInfoを意味する「G」マークが出現しました。

GetTabInfoでリンクタグを作成する

続いて、実際にGetTabInfoを利用して、開いているページのタイトルリンクを作成してみます。

まず、タイトルリンクを作成したいページをGoogle Chromeで開きます。

よく使う方法としては、ブログ編集画面で関連記事を入れたいとき、

  • ブログ編集画面
  • タイトルリンクページ1
  • タイトルリンクページ2
  • タイトルリンクページ3
  • タイトルリンクページ4
  • タイトルリンクページ5

のようにGoogle Chromeのタブを開き、

google chrome拡張「GetTabInfo」
▲このようにブログ編集画面のタブをドラッグ&ドロップすると、

google chrome拡張「GetTabInfo」
▲引っ張ったタブ(ブログ編集画面のタブ)だけが別窓で表示されます。

google chrome拡張「GetTabInfo」
▲このようにしてGetTabInfo用のタイトルリンクページを開いたら、Google Chrome拡張機能「GetTabInfo」の「G」を選択します。

google chrome拡張「GetTabInfo」
▲するとご覧のような画面となります。「Select template」を選択すると、プリセットの中から形式を選択出来るようになっています。試しに「basic」を選択してみます。

google chrome拡張「GetTabInfo」
▲すると、記事タイトルリンクがdivで囲まれていました。「Preview」を選択するとプレビューを行えます。

google chrome拡張「GetTabInfo」
▲こちらがプレビューモードです。

google chrome拡張「GetTabInfo」
▲一方、「Thumbnail」を選択してみますと、

google chrome拡張「GetTabInfo」
▲ご覧のようにサイトのサムネイルと共に記事タイトルリンクが表示されるようになっています。

GetTabInfoのテンプレートは編集出来る

google chrome拡張「GetTabInfo」
▲四角で囲んだ領域は、自分で編集・カスタマイズする事が出来ます。今divで囲む必要はないので削除し、その代わりにliタグで囲みます。

google chrome拡張「GetTabInfo」
▲Preview(プレビュー)を選択してみると、

google chrome拡張「GetTabInfo」
▲ご覧のようになります。(実際にブログに貼付けるときには最後にulタグで囲みます。)

google chrome拡張「GetTabInfo」
▲この形式でOKなので、右下の「Copy to clipboard」を選択すれば、クリップボードに内容がコピーされます。

google chrome拡張機能「GetTabInfo」
▲ちなみに、コードは編集可能なので、いらない部分は削除出来ました。これなら別窓で開く必要がありませんでした。

google chrome拡張機能「GetTabInfo」
▲いらない部分を削除したところをコピーすれば良いだけでした。

こうして全体をulタグで囲んだものが以下になります。



今までは1個1個ブックマークレットを利用して作成していたので、まとめてリンクタグを作成出来るというのはものすごく楽です。
【関連】Google Chrome拡張機能Keyconfigが使えない時の解決法

GetTabInfoで編集したテンプレートは保存出来る

google chrome拡張「GetTabInfo」
▲なお、先ほど自分で編集したテンプレートは、次回用に保存する事が出来ます。右上の「Save template as…」を選択します。

google chrome拡張「GetTabInfo」
▲好きな名前を入力して「Save」を選択します。

google chrome拡張「GetTabInfo」
▲すると、「Select template」の中に表示されていました。次回からはこれを選択するだけで利用出来ます。

まとめ

今までは個別リンクを1つ1つ作成していました。

Google Chrome拡張機能の「GetTabInfo」を使えば、関連記事として掲載したいページを開いてから、まとめてリンクを作成出来るので、手間が少なくなりました。

Google Chromeを利用している方で、手動で関連記事を貼付けている方は利用してみるといいでしょう。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。