Amazon商品の納品書が入っていない→領収書を自宅で印刷出来る

   2015/05/24

先日、情報は1冊のノートにまとめなさいを読んで、風呂場でも使えるライフ リングノートを購入しました。

その際、いつも入っているはずの「納品書」が入っていませんでした。

Amazonの納品書・領収書
▲納品書とは、このような商品名と商品名と価格が記載されている紙です。

Amazonの納品書・領収書
▲確かに「納品書」と記載されています。

いつも入っていたので入れ忘れかと思いましたが、調べてみると、領収書や納品書の同梱はされない事もあるようです。

【参考】「Amazonで納品書が入ってない!」の理由:領収書に加えて納品書も省略開始

納品書がない場合は、代わりとして領収書を印刷することが出来ます。

今回は、自宅で領収書を印刷してみましたので、その方法について紹介します。

スポンサーリンク

Amazonで購入した商品の納品書が入ってない場合、領収書で代用

Amazonで購入した商品の納品書が入っていない場合、領収書で代用出来るようです。

納品書がお手元にない場合、PCサイトのアカウントサービスより「領収書/購入明細書」を印刷して代用してください。 メーカーにサービスや修理を依頼する際などのお買い上げ証明としてもご利用いただけます。
【参考】Amazon.co.jp ヘルプ: 納品書がない場合

Amazonで購入した商品の領収書を印刷する方法

Amazonで購入した商品の領収書も省略されているので、商品と一緒には配達されません。

その代わりに、自宅で印刷可能となっています。

以下、印刷方法です。

Amazonの領収書
Amazonの右上「アカウントサービス」→「注文履歴」と進むと、

Amazonの領収書
▲注文した商品の履歴が表示されています。そして、印刷したい商品の「領収書/購入明細書」を選択すると、

Amazonの領収書
▲領収書のページが開きます。実際に印刷する際には、ページ上部の「このページを印刷してご利用ください。」のリンクを開いて、印刷を行いました。

印刷した領収書

Amazonの納品書・領収書
▲Amazonで購入した商品の領収書を印刷してみました。

Amazonの納品書・領収書
▲丸で囲んでいるように、「領収書」と記載されています。

Amazonの納品書・領収書
▲なお、同じ商品に対して、2回目以降「領収書/購入明細書」を開くと、再発行の文字が加わってしまいます。

「再発行」の文字が必要ない場合には、注意が必要です。(1回目に開いたときに印刷orPDF保存しなければいけないため)

まとめ

資源削減を目指しているのでしょうが、商品と一緒に納品書や領収書が全く入っていないというのは、不安になってしまいました。

領収書は自宅で印刷出来る事がわかりました。

領収書や納品書の扱いが大切な企業や研究機関では頭を悩ませる問題ですね。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。